横須賀版 掲載号:2018年11月30日号
  • LINE
  • hatena

生活体験発表大会の全国大会に出場した 青栁 日那さん 野比在住 17歳

置かれた場所で咲く

 ○…定時制と通信制高校で学ぶ生徒が、学校生活を通じて感じたことを披露する「生活体験発表大会」の県大会で最優秀賞を獲得。「まさか自分が選ばれるとは」―。今月都内で開かれた、全国大会に出場した。決勝には残れなかったが「味わったことのない緊張。良い思い出になった」と清々しく笑う。

 ○…野比中を卒業後、横須賀総合高校の定時制に入学。「正直うれしくなかった」―。有意義な高校生活を思い描きながら、勉強に励んだものの志望していた全日制高校の受験に失敗し選んだ道だった。入学後は話せる友達ができず、昼食も一人。受験に失敗した挫折や寂しさなどのストレスが積み重なり2カ月目で入院。退院後も「何のためにここにいるのか―」と問う毎日だった。

 ○…そんな折、自分を良く知る先生から海外への短期留学の話をもらった。条件は「費用をアルバイトで貯めること」。1年間かけて目標額を達成し、オーストラリアへ。現地の生徒と英語でコミュニケーションを取るうちに「もっと話せるようになりたい」と今後の目標ができた。留学をきっかけに「前を向こう」と考え方が変わり、現在はサッカー部のマネージャーとソフトテニス部を兼部。「やりたいことは全部やる。気持ちが変わるだけで、生活が一変した」そんな姿を見た副担任教諭がこの発表会に出ることを提案。「チャレンジしてよかった」と笑う。

 ○…発表のタイトルは「置かれた場所で咲く」。渡辺和子氏の著作から引用した。充実した高校生活が送れない環境のせいではなく、自分の気持ちの在り方だと気づかされた。「定時制に進学しなければ、留学や発表会は経験できなかった」。将来は「英語を使った仕事がしたい」と”満開”の笑顔で答えた。

横須賀版の人物風土記最新6件

松崎 佑亮さん

障害者スポーツ「アンプティサッカー」の普及に取り組む

松崎 佑亮さん

3月22日号

長堀 薫さん

横須賀共済病院の病院長でAIを活用した「働き方改革」に取り組む

長堀 薫さん

3月15日号

薬王寺 太一さん

田浦泉町の「アーティスト村」に移住し、土器作家として活動する

薬王寺 太一さん

3月8日号

清田 直紀さん

小・中の教師を中心とする「教育サークル三笠」を主宰する

清田 直紀さん

3月1日号

杉本 與七(よしち)さん

昨年の富士山開山期の最高齢登頂者になった

杉本 與七(よしち)さん

2月22日号

寺坂 浩一さん

声優・朗読家として市内で「大人のための朗読会」を開催する

寺坂 浩一さん

2月15日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 3月22日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

  • 3月8日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年3月22日号

お問い合わせ

外部リンク