横須賀版 掲載号:2018年11月30日号 エリアトップへ

生活体験発表大会の全国大会に出場した 青栁 日那さん 野比在住 17歳

掲載号:2018年11月30日号

  • LINE
  • hatena

置かれた場所で咲く

 ○…定時制と通信制高校で学ぶ生徒が、学校生活を通じて感じたことを披露する「生活体験発表大会」の県大会で最優秀賞を獲得。「まさか自分が選ばれるとは」―。今月都内で開かれた、全国大会に出場した。決勝には残れなかったが「味わったことのない緊張。良い思い出になった」と清々しく笑う。

 ○…野比中を卒業後、横須賀総合高校の定時制に入学。「正直うれしくなかった」―。有意義な高校生活を思い描きながら、勉強に励んだものの志望していた全日制高校の受験に失敗し選んだ道だった。入学後は話せる友達ができず、昼食も一人。受験に失敗した挫折や寂しさなどのストレスが積み重なり2カ月目で入院。退院後も「何のためにここにいるのか―」と問う毎日だった。

 ○…そんな折、自分を良く知る先生から海外への短期留学の話をもらった。条件は「費用をアルバイトで貯めること」。1年間かけて目標額を達成し、オーストラリアへ。現地の生徒と英語でコミュニケーションを取るうちに「もっと話せるようになりたい」と今後の目標ができた。留学をきっかけに「前を向こう」と考え方が変わり、現在はサッカー部のマネージャーとソフトテニス部を兼部。「やりたいことは全部やる。気持ちが変わるだけで、生活が一変した」そんな姿を見た副担任教諭がこの発表会に出ることを提案。「チャレンジしてよかった」と笑う。

 ○…発表のタイトルは「置かれた場所で咲く」。渡辺和子氏の著作から引用した。充実した高校生活が送れない環境のせいではなく、自分の気持ちの在り方だと気づかされた。「定時制に進学しなければ、留学や発表会は経験できなかった」。将来は「英語を使った仕事がしたい」と”満開”の笑顔で答えた。

横須賀版の人物風土記最新6

伊東 勝さん

横須賀けん玉教室を立ち上げ指導を続けている

伊東 勝さん

平作在住 79歳

8月9日号

木村 博超さん

8月4日から沖縄で開催されるインターハイに砲丸投げで出場する

木村 博超さん

三春町在住 18歳

8月2日号

ミニアルバム世界配信

ミニアルバム世界配信

横須賀市応援のアーティスト

7月26日号

Tomさん

高校生トラックメーカーSTAR FISHの世界配信曲でボーカルを担当した

Tomさん

船越町在住 26歳

7月26日号

田中 清夏(さやか)さん

「パパママ夏祭り」を開催する実行委員会で委員長を務める

田中 清夏(さやか)さん

鷹取在住 36歳

7月19日号

鳥羽 理恵さん

「劇弾倍プッシュ」の副代表で、福本つらんの名義で脚本・演出を手掛ける

鳥羽 理恵さん

東浦賀在住 39歳

7月5日号

福島 浩幸さん

2000年代の横須賀のライブハウスシーンをまとめた『横須賀 俺たちの時代』を手掛けた

福島 浩幸さん

公郷町在住 34歳

6月28日号

あっとほーむデスク

  • 8月9日0:00更新

  • 8月2日0:00更新

  • 7月26日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マッサージで癒し

神奈川衛生学園専門学校

マッサージで癒し

9月28・29日の学園祭で

9月28日~9月29日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク