横須賀版 掲載号:2019年1月11日号 エリアトップへ

「国内全駅乗降制覇者」として田浦鉄道フェスタで講演を行う 佐藤 孝之さん 平作在住 47歳

掲載号:2019年1月11日号

  • LINE
  • hatena

まだ見ぬ場所への高揚感

 ○…全国のJR線、私鉄の全9734駅への乗降を足かけ10年で達成。現在も新たな駅が誕生するたびに現地へ赴き、全国的にも数少ない全駅制覇者の称号を維持し続けている。今週末の「田浦鉄道フェスタ」では、駅巡りを始めたきっかけや楽しむコツといった”オタク道”を伝授し、仲間の輪を広げる。「旅の醍醐味はまだ見ぬ場所へ行くワクワク感。ローカル線ならではの魅力を分かり合えるファンが増えれば」と話す。

 ○…平作で生まれ育つ。ブルートレインブームを背景に小学3年生の時、同級生に付き添って上野駅まで写真を撮りに行って以来鉄道の虜に。始めは車両のヘッドマークを写真に撮り納める”撮り鉄”としてのめり込んだ。中学校に入ると図書室で出会った鉄道旅行記に刺激を受け、”乗り鉄”へと転向。卒業前にはフリーパス「周遊きっぷ」を使って北海道まで一人旅を満喫した。就職を機に一旦は鉄道熱が落ち着いたが、JR線全駅の乗降を著した本と出会ったことで「自分でも出来る」と再燃。乗車からさらに各駅に立ち寄って周辺を観光する”降り鉄”へと進化を遂げていった。「ローカル線の知らない駅はふらっと降りることで感動的な風景や街並みに気づけることがよくある。一つとして同じ駅はない」と力を込める。

 ○…現在は市役所で情報システムの運用に携わる。私生活では鉄道への理解、”鉄分”があると評する妻と旅行するなど、ライフワークの軸は変わらない。一方で人口減や他の交通網発達の影響から廃線が増えていることを危惧する。「どんな駅でも味わいはある。もっと多くの人に乗り降りして楽しんでもらい、結果的に廃線の危機を救うことに繋がってほしい」。今でも気持ちは鉄道少年のままだ。

横須賀版の人物風土記最新6

鷲尾 精一さん

横須賀に本店を置く湘南信用金庫の新理事長に就いた

鷲尾 精一さん

浦賀在住 57歳

7月3日号

高梨 喜裕さん

公認会計士、税理士で、独自にコロナ対策の融資・助成金申請の支援を行う

高梨 喜裕さん

大滝町在勤 42歳

6月26日号

三浦 麻矢さん

クラウドファンディングを立ち上げた「あすなろ学苑」で苑長を務める

三浦 麻矢さん

小矢部在勤 47歳

6月19日号

堀込 孝繁さん

6月3日に発刊された『ペリー来航始末記』の協同執筆者のひとり

堀込 孝繁さん

西逸見町在住 68歳

6月12日号

田中 孝一さん

「横須賀市民40万人を、ブロークンイングリッシュスピーカーに!」を目標に、英会話普及活動を展開する

田中 孝一さん

ハイランド在住 30歳

3月20日号

池田 航さん

今シーズンから横浜F・マリノスのトップチームに昇格した

池田 航さん

野比出身 18歳

3月13日号

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク