横須賀版 掲載号:2019年3月1日号 エリアトップへ

小・中の教師を中心とする「教育サークル三笠」を主宰する 清田 直紀さん 衣笠中教諭 41歳

掲載号:2019年3月1日号

  • LINE
  • hatena

自己の成長「学ぶしかない」

 ○…理想に燃えて教育の世界に飛び込んだ若い教師が、現実の壁にぶち当たり疲弊していく―。未熟な授業に荒れる教室。生徒や保護者と距離の取り方が分からず右往左往。同僚や管理職との人間関係にもがき苦しむ。自信を失って心を病む人も少なくない。現場で目にするのは、かつての自分の姿。状況を改善する唯一の方法は、「自分で自分の力を高めるしかない」。教師が互いに切磋琢磨し、刺激を与えあえる場所。同じ想いを抱く仲間たちと「教育サークル三笠」を立ち上げた。半年が経過した今、教師だけでなく、民間の教育事業者や起業家、議員も顔を出す勉強会に発展。その輪が広がりつつある。

 ○…大学院を卒業後、赴任した学校で強烈な洗礼を受けた。「授業崩壊に学級崩壊」。振り返れば、社会経験の乏しさが原因だったが、「うまくいかないことを周囲に求める自分がいた」。3年間の我慢の末に辿り着いた結論が、「生徒を納得させるプロの教え方」。全国で1万人の教員が参加する研究組織に出向き、技術取得に励んだ。

 ○…公立中学校に硬式テニス部を設置する活動もライフワークのひとつだ。世界のテニス事情は硬式が主流。「多くの公立中学校では、軟式テニスしか経験できない」。民間のテニススクールと連携して体験会を開くなど、部活動の新しい在り方も模索する。思考停止からは何も生み出す事は出来ない、というのが持論。自分の信念に従って行動する人だ。

 ○…「三笠」の主催で今週末、現場教師とフリースクール運営者が本音をぶつけ合いながら、不登校や日本の公教育について考える勉強会を開く。保護者や一般にも門戸を開き、議論を深めるという。どんな解決策があるのか。化学反応を期待している。

横須賀版の人物風土記最新6

鳥羽 理恵さん

「劇弾倍プッシュ」の副代表で、福本つらんの名義で脚本・演出を手掛ける

鳥羽 理恵さん

東浦賀在住 39歳

7月5日号

福島 浩幸さん

2000年代の横須賀のライブハウスシーンをまとめた『横須賀 俺たちの時代』を手掛けた

福島 浩幸さん

公郷町在住 34歳

6月28日号

中川 茂さん

岩戸中特別支援学級の卒業生でつくる「そよかぜバンド」を立ち上げた

中川 茂さん

三春町在住 64歳

6月21日号

三代川 りかさん

お母さん大学横須賀支部の共同代表で、6月16日にママイロフェスタを開催する

三代川 りかさん

小原台在住

6月14日号

郷戸 了さん

和太鼓奏者RYOJINとして6月15日に「横須賀芸術際2019」を開催する

郷戸 了さん

公郷町在住 34歳

6月7日号

森 勇人さん

神奈川県パン協同組合連合会の会長として旭日双光章を受章した

森 勇人さん

佐野町在住 72歳

5月31日号

齋藤 純さん

横須賀開国史研究会20周年の記念講演会で登壇する

齋藤 純さん

72歳

5月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月12日0:00更新

  • 7月5日0:00更新

  • 6月28日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク