横須賀版 掲載号:2019年6月14日号 エリアトップへ

お母さん大学横須賀支部の共同代表で、6月16日にママイロフェスタを開催する 三代川 りかさん 小原台在住

掲載号:2019年6月14日号

  • LINE
  • hatena

お母さんの「夢」輝かせたい

 ○…「子育ての息抜き、悩みを共有する機会になれば」。全国規模で展開する「お母さん大学」の横須賀支部として初の交流・公開イベントを開催。会場では「横須賀の好きなところ」「お母さんとしての夢」を書き込み、大きな新聞を作る企画もある。

 ○…「都会的なキラキラしたイメージ」だった横須賀に、三重から転居したのは6年ほど前。「意外と自然も多くて、住んでみて印象が変わった」。当時は小1の長女に、長男、次男の未就園児を抱えて感じたのが「自由に遊べる場所が少ない、子育て世代の肩身が狭い」ということ。そんな中で声を掛けられたのが「お母さん大学」の活動。自分の目線で「お母さん業界新聞」の記事を書く―。文章を綴るのは苦手だったが、ペンを持ち、自分の想いをまとめる中で、改めて「支援の拠点や活動の場を作りたい」という目標が見えてきた。共同代表となり、新たなスタートを切ったのが1年前。自分の経験を交えた『地域版新聞』を作成したり、配架用に新聞を折る「折々会」でおしゃべりしたりと一緒に活動する仲間も増えている。イベントはそのステップのひとつ。「日々の気付きを表現できる場を増やしたい」と話す。

 ○…子育ては山あり谷あり。小3の次男は昨秋から学校に行っていない。「母親として何が足りないのか」と思い悩み、辿り着いたのは「子どもに気持ちを押し付けず、ありのままを受け入れること」。そんな葛藤を経て、同じ想いを抱えた親がつながる場を作りたい、という新たな夢も芽生えた。

 ○…地域での活動以外に「羊毛フェルト作家」の肩書も。製作に没頭する時間を持つことが「息抜きと生活の張り」とニッコリ。「お母さん大学」での発信や作品販売を通した「つながり」のひとつひとつが大切な財産だ。

横須賀版の人物風土記最新6

小山 麻菜さん

「2021ミス・ジャパン」でグランプリに選ばれた

小山 麻菜さん

汐入町出身 23歳

1月28日号

大場 智和さん

地域貢献事業を手掛ける一般社団法人「よこすかスポーツ・M学舎BAO」を立ち上げた

大場 智和さん

岩戸在住 68歳

1月21日号

チェイス アンリさん

全国高校サッカー選手権に尚志高校(福島県)のセンターバックとして出場した

チェイス アンリさん スポーツ

津久井出身 17歳

1月14日号

中本 剛央さん

横須賀青年会議所第70代理事長に就任した

中本 剛央さん

深田台在勤 39歳

1月7日号

鈴木 友さん

写真集『解体されゆく電車の風景』を自費出版した

鈴木 友さん

鴨居在住 22歳

12月17日号

吉田 友則さん

創作料理で地元生産者と交流を図る「よこすか青空レストラン」を主催する

吉田 友則さん

西浦賀出身 51歳

12月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月28日0:00更新

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook