横須賀版 掲載号:2020年2月28日号 エリアトップへ

女流義太夫の三味線方、3月7日に市内で演奏会を開く 鶴澤 津賀花(つがはな)さん 大津町在住 

掲載号:2020年2月28日号

  • LINE
  • hatena

心が動く一撥(ばち)を

 ○…文楽や歌舞伎でおなじみの義太夫節を、女性だけで演奏する「女流義太夫」。明治から大正にかけて一大ブームが巻き起こり、「追っかけ」の語源にもなったと言われる。時代は変わり、伝統芸能に触れる機会の少なくなった現代。義太夫節の人間国宝で師匠の竹本駒之助さんを招き、横須賀で初めての演奏会を主催する。

 ○…「女流義太夫は人形や役者を伴わない「素浄瑠璃」で演奏するので、より深い人物、情景描写が必要」と魅力を語る。幼い頃からピアノを続け、都内の音大音楽学学科へ。西洋から日本の雅楽や長唄、三線まで各地の民族音楽を聴き込んだ。アルバイトしていた劇場で文楽に出会い「すごい迫力で、一気に”ハマって”しまった」。その勢いで義太夫教室に通い、大学を卒業してすぐに「プロを目指してみよう」と意を決めた。手にしたのは太棹の三味線。深く重みのある音色が描く表情の豊かさにのめり込んだ。

 ○…20代半ばに結婚し出産。横須賀に居を移した。子育てをしながら舞台に上がり、練習を続けた。撥(ばち)を持つ右手小指には大きなタコが。師匠には『時間がないときほど勉強できる』と言われた。「今思えばその通り。どちらも必死でした」。初舞台から20年、自分の芸を極めるために突っ走ってきた。

 ○…子どもが成人し、ふと目を向けたのは地元のこと。市内の音楽イベントに参加するなど、地元での活動を広げている。今回の演奏会は、邦楽との良い出会いの場として、多くの人に「至芸」と言われる人間国宝の語りを体感してもらいたい―という溢れんばかりの熱意を形にしたもの。師匠から選んでもらった「花」の名前と共に、舞台でその想いを大きく咲かせていく。
 

横須賀版の人物風土記最新6

原 裕樹さん

社会福祉士で援助者の援助をテーマにした育成塾「YS-ï」を立ち上げた

原 裕樹さん

長沢在住 57歳

1月15日号

門井 秀孝さん

(公社)横須賀青年会議所第69代理事長に就任した

門井 秀孝さん

大滝町在住 35歳

1月8日号

木下 美穂さん

図工教室「ず」代表で、「Xmas」をテーマにしたアート作品をパン屋に展示している

木下 美穂さん

馬堀海岸在住 54歳

12月18日号

柵瀨(さくらい) 茉莉子さん

生まれ育った佐島をテーマに今月13日まで横浜美術館で個展を開いている

柵瀨(さくらい) 茉莉子さん

佐島出身 33歳

12月4日号

大山 敦さん

今月28日にスタートする「馬堀海岸parkrun」の運営に携わる

大山 敦さん

浦賀在住 47歳

11月27日号

長森 豊さん

馬堀小学校区地域づくり協議会会長でスクールコミュニティ事業を進める

長森 豊さん

馬堀町在住 56歳

11月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最先端を知る学ぶ

eスポーツ×教育・ビジネス

最先端を知る学ぶ

無料オンラインセミナー

2月2日~2月8日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク