横須賀版 掲載号:2020年7月10日号 エリアトップへ

「心友 素顔の井上ひさし」を執筆した 小川 荘六さん 深田台在住 84歳

掲載号:2020年7月10日号

  • LINE
  • hatena

言葉選ばず言い合える友

 ○…小説家や劇作家として知られ、日本ペンクラブ会長も務めた井上ひさしさんの没後10年。大学での出会いから54年間の思い出を著書にまとめた。「井上から『話し言葉と書き言葉は全く違う言語』と忠告されてきたので依頼を即座に断った」というが、「語り部として後世に残すのが親友の責任」という井上さんを長年担当してきた編集者の言葉に後押しされ筆を執った。「書くことは素人だから自分も周りも大変だった」と笑う。

 ○…実家は米が浜通にあったもやし製造業。不入斗中、横須賀高校を卒業後、入学した上智大学で井上さんと出会う。以来東京から横須賀へ頻繁に足を運び、数日寝泊まりすることも多々。井上さんが作家の道を歩む一方、卒業後は市役所や会社役員として組織管理や人材育成などの研修講師として全国で活躍。互いを取り巻く環境は変わっても関係は何も変わらず続いた。「根っこに同じものがあったから」

 ○…”心友”。そう互いに呼び合った。肺がんで亡くなった際はショックのあまり1年以上気力を失った。「井上との出会いがない人生なんて考えられない。この本が人との出会いや付き合い方を見つめ直すきっかけになれば」と微笑む。

 ○…「彼は分け隔てなく誰にでもまっすぐ。私も言いたいことははっきり言う」。政治や社会問題について議論が始まると徹夜の覚悟が必要。互いにヘビースモーカーで明け方には吸い殻がこんもり。それは歳を重ねても変わらず。「『天国や極楽は善良で真面目な人がいくところだから、面白い人間が集まっているのは地獄らしい』と言っていたから、彼は今頃地獄にいる。もう少し待ってろよ、缶ピースを持っていくから」。長い『雑談』を今から楽しみにしている。
 

横須賀版の人物風土記最新6

鬼丸 凜太郎さん

射撃のビームピストルで4月17・18日に埼玉県で行われる全国大会に出場する

鬼丸 凜太郎さん

西逸見町在住 三浦学苑高2年

4月16日号

鈴木 明さん

引きこもり者の就労支援に取り組むNPO法人こどもの夢サポートセンター理事長

鈴木 明さん

鷹取出身 71歳

4月9日号

斎藤 絆菜(はんな)さん

「カラテドリームフェスティバル2020全国大会」中学1年生女子重量級で優勝した

斎藤 絆菜(はんな)さん

大矢部在住 13歳

4月2日号

村尾 直人さん

横須賀のご当地食であるカレー専門の「こども食堂」をスタートさせる

村尾 直人さん

鴨居在住 49歳

3月26日号

高堂 翔さん

昭和歌謡からJポップ、演歌をレパートリーに歌まねアーティストとして活動する

高堂 翔さん

馬堀町在住 25歳

3月19日号

石田 忠さん

「横須賀ギターアンサンブル」代表でウェルシティ市民プラザでコンサートを開く

石田 忠さん

衣笠栄町在住 68歳

3月12日号

あっとほーむデスク

  • 4月16日0:00更新

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

N響首席奏者の競演

N響首席奏者の競演

横三教育会館でリサイタル

4月18日~4月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter