横須賀版 掲載号:2021年12月10日号 エリアトップへ

創作料理で地元生産者と交流を図る「よこすか青空レストラン」を主催する 吉田 友則さん 西浦賀出身 51歳

掲載号:2021年12月10日号

  • LINE
  • hatena

神出鬼没”旅するシェフ”

 ○…冠婚葬祭や新築祝い、野外パーティーなどオファーがあればどこへでも駆けつける”旅するシェフ”。依頼者が事前に分かっている情報はただ一つ「本人がここで料理を振る舞う」ということだけ。看板も決まったメニューもない。その日に用意された地場食材を活かし、独創的なひと皿で舌を唸らせる。「シェフは料理の総責任者を意味する称号。呼ばれるのは少し照れ臭いけれど、かけがえのない時間を皆と共有できるのが素敵」

 ○…東京都羽村市のレストラン「きまぐれや」がベース基地。飲食業を始めた頃から、ある一定の拠点に頓着はなかった。「もっと多くの人を楽しませたい」と、環境が違う場に出張して調理する事業を2000年からスタート。これまで国内外問わず3400軒超に足を運び、他に類を見ない独自のスタイルを確立した。”口福感”を体験できるという噂が広まり、今では全国から引っ張りだこの料理人だ。

 ○…生まれも育ちも西浦賀。中学でギターを始め、バンドを組み、ドブ板でライブするロック少年だった。ただ20歳を過ぎると「音楽で食っていける人はごく僅か」と焦燥感に駆られた。手に職をつけようと、横浜にある製菓製パンの専門学校で学んだ後、ジャンルにとらわれない料理を目指すべく海外へ。イタリアン、フレンチ、洋食屋などで腕を磨いた。「バンドマンも料理人も表現者。身体一つあれば、その場がステージになる」

 ○…「青空レストラン」と題して、地元で初めて披露した渾身のグルメ。至福の表情を浮かべる客を感慨深そうに眺める。「やっぱり三浦半島の食材が一番。次は猿島や船上で開催するのも良い。生産者の士気を高め、市外の人が横須賀に行きたくなるようなパフォーマンスをしたい」

横須賀版の人物風土記最新6

大高 歩(あゆみ)さん

プロ野球チーム「神奈川フューチャードリームス」に今年度から所属した

大高 歩(あゆみ)さん

横須賀市出身 25歳

5月20日号

山岸 雅人さん

キャリアコンサルタントで市内外でキャリアに関する講座を担当している

山岸 雅人さん

平成町在住 58歳

5月13日号

Balloon-Syotaroさん(本名:對馬正太郎さん)

バルーンアーティスト・パフォーマーとして活動する

Balloon-Syotaroさん(本名:對馬正太郎さん)

鴨居出身 29歳

5月6日号

関川 日出雄さん

私設絵本図書室「山の上のぼくら」を開設する

関川 日出雄さん

東逸見町在住 70歳

4月22日号

山田 良正さん(芸名:スター☆YAMADA)

芸能一座「フルーツバスケット」を主宰する

山田 良正さん(芸名:スター☆YAMADA)

三浦市在住 73歳

4月15日号

大竹 琥太郎さん

トライアルを経て横須賀初のプロサーファーとなった

大竹 琥太郎さん

衣笠栄町在住 17歳

4月8日号

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

横須賀版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook