神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
逗子・葉山版 公開:2020年11月20日 エリアトップへ

理科ハウス 小柴さんの業績紹介 直筆メッセージの展示も

教育

公開:2020年11月20日

  • LINE
  • hatena
「やればできる」と書かれた直筆メッセージを手にする森さん
「やればできる」と書かれた直筆メッセージを手にする森さん

 「世界一小さな科学館」として知られる理科ハウス(逗子市池子)で、今月12日に亡くなった東京大学特別栄誉教授の小柴昌俊さんの業績や、理科ハウスとのゆかりの品を紹介する展示が行われている。

 物質のもとである素粒子の一つ「ニュートリノ」の観測に世界で初めて成功し、2002年、ノーベル物理学賞を受賞した小柴さん。翌年にはその賞金などを基に、財団法人平成基礎科学財団を設立し、理事長に就任すると基礎科学の発展と次世代への科学の啓蒙活動に力を入れた。

 理科ハウスは2014年、同財団が主催する「第10回小柴昌俊科学教育賞」に応募。書類審査と現地審査を通過し、最終選考では東京大学の「小柴ホール」でプレゼンテーションを行った。会場には小柴さんのほか、その弟子で2015年にノーベル物理学賞を受賞した東京大宇宙線研究所の梶田隆章所長ら錚々たる顔ぶれの前で館長の森裕美子さんが日頃行っている企画展や、子どもたちが主体的に科学に興味を持つよう工夫している点などを発表。見事、優秀賞を受賞した。審査員からは「これからも長く続けてください」「自分もリタイアしたら理科ハウスのような場所を作りたい」といった評価が寄せられたという。

 「冒頭の小柴先生のあいさつがびっくりするほど短く、素敵だなと思ったのを覚えている。終始ニコニコされていたのが印象的だった」と振り返る森さん。授賞式後、学芸員の山浦安曇さんとともに、サインを求め小柴さんのもとへ行くと「やればできる」とメッセージをもらった。「ここのような私設科学館には、こうして認めてもらうことがとても大事。メッセージとともに、大きな励みになりました」と2人は話していた。現在、直筆メッセージのほか、記念メダルや写真を展示しているほか、小柴さんゆかりの書籍やニュートリノに関する雑誌を集めたコーナーも設け、その業績を紹介している。

 開館は(土)(日)(月)の午後1時から5時まで。入館料大人300円、大学生100円、高校生以下無料。三密防止対策のため、中学生以上が対象で事前予約制。申し込みや問い合わせは【電話】046・871・6198へ。

逗子・葉山版のトップニュース最新6

葉山に新たな観光資源を

ビーチキャンドル

葉山に新たな観光資源を

森戸海岸で初開催

4月12日

青ジャンパー、駅前で19年

逗子観光推進の会

青ジャンパー、駅前で19年

「若者に案内続けてほしい」

4月12日

災害時、トイレ備えは

本紙アンケート

災害時、トイレ備えは

逗子、葉山ともに足りず

3月29日

子どもの笑顔のために

小坪小150周年

子どもの笑顔のために

5月25日に記念イベント

3月29日

70余年の歴史に幕

逗子市身障協

70余年の歴史に幕

「若い世代にあと託す」

3月15日

まちのコミュニティー目指す

うぇるま

まちのコミュニティー目指す

4月から本格始動

3月15日

あっとほーむデスク

  • 4月12日0:00更新

  • 3月29日0:00更新

  • 3月15日0:00更新

逗子・葉山版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

逗子・葉山版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook