ホーム > 小田原版 > ローカルニュース > みかん畑再生、商品化へ

小田原

東京のNPOと地元の菓子店がコラボ

みかん畑再生、商品化へ

Check
この記事をはてなブックマークに追加
この記事をGoogle Bookmarksに追加
根府川の夏みかん畑で収穫
根府川の夏みかん畑で収穫

 東京のNPO法人「BeGood Cafe(式田純代表)」の呼びかけで、地元の菓子店「菜の花(高橋台一社長)」が夏みかん畑の再生プロジェクトに協力している。

 小田原のみかん畑は、農家の高齢化・後継者不足により耕作放棄が増加傾向にある。同法人は、みかん畑の維持再生を目的に05年から「オレンジプロジェクト」という事業を展開。現在、根府川と久野の3つのみかん畑で草刈や手入れ、収穫などを行っている。

 同法人は畑の再生が目的のため、立派なみかんを収穫しても、持て余し気味だったという。そこで「菜の花」に相談したところ、コラボレーションが決定。同店が15年前から販売している「夏柑ゼリー」に同プロジェクトの夏みかんを使用することになった。

 4月21日には両者の合同収穫会を根府川の畑で実施。急斜面に加えて、前日に降った雨でぬかるんだ地面に悪戦苦闘しながら、12人のメンバーで500kg以上の夏みかんを収穫した。

 4月下旬から夏柑ゼリーに加工され、菜の花の店頭に並んでいる。高橋社長は「東京のNPO法人の活動に感謝。海岸沿いになる夏柑は、特に十分な酸味と甘みがあって、美味しい。農薬を使わずに育っています。ぜひ味わってみてください」と話す。

 夏柑ゼリーは、1個1000円で販売中。商品の問合せは菜の花【電話】0465(22)5528。オレンジプロジェクトの問合せはBeGood Cafe【電話】03(6413)8801。

I000054753.jpg
 

関連記事

powered by weblio


小田原版のローカルニュース最新5件一覧へ

あっとほーむデスク

  • 11月17日0:00更新

  • 6月2日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月1日号

お問い合わせ

外部リンク

  • 藤沢
  • 鎌倉
  • 茅ヶ崎
  • 寒川
  • 平塚
  • 大磯・二宮・中井
  • 小田原
  • 足柄
  • 箱根・湯河原・、真鶴
  • 秦野