神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

県代表として技能五輪へ 左官技能士 三上涼さん

文化

公開:2020年11月7日

  • X
  • LINE
  • hatena
大会課題を意識し修練する三上さん
大会課題を意識し修練する三上さん

 (株)三上工業(小田原市寿町)に勤務する左官技能士・三上涼さん(21)が、11月13日から16日に愛知県で開催される「第58回技能五輪全国大会」の左官の部に神奈川県代表として出場する。原則23歳以下の技能者が40余りの職種で技能レベル日本一を競う大会で、来年3月に中国・上海で開催される国際大会の選考も兼ねている。

 三上さんは、旭日双光章受賞の誠司さん(77)を祖父に、左官1級技能士として育成指導も担う司さん(48)を父に持つ左官を生業とする家に生まれた。元々は体育教諭を目指していたが、高1の夏に父の仕事を手伝ったことをきっかけに、面白さに目覚めた。「簡単そうに見えたのに、コテを使うのがこんなに難しいなんて」。マンションなど大型建築でも技術が役立てられていることも魅力だった。方向転換し、職人の道に進むことを決め、高校卒業と同時に祖父と父の経営する三上工業に入社した。「体で覚えるしかない」と、早くから場数を踏み、現在では職長を任されるまでに成長した。

 「同世代の中で実力を試したい」と今大会への出場を志願。神奈川県左官業組合連合会から県代表に選ばれた。

 左官の部には、全国から12人が出場し、現地で課題を制作し、スピードと仕上がりを競う。「伝統工法の魅力を広く伝えたい」と力強く語った。
 

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

地粉でうどん作り

おだたん食育村 

地粉でうどん作り

2月17日

ミニチュア家具の展示販売

ミニチュア家具の展示販売

喫茶館 銀の椅子で24、25日

2月17日

映画『わたしのかあさん』

映画『わたしのかあさん』

3月2日 けやきで上映会

2月17日

「身近な海外」に出会う

「身近な海外」に出会う

地元住民が異文化交流

2月17日

認知症サポーター養成講座

人生、まだまだこれから

人生、まだまだこれから

100年時代を生きるヒントを世界最高齢の男性サーファー 佐野さんに聞く

2月17日

あっとほーむデスク

  • 2月17日0:00更新

  • 2月10日0:00更新

  • 2月3日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook