神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

めいぼく椀の端材、ツリーに WSコンシェルジュ 福本ミカさん

社会

公開:2023年8月19日

  • X
  • LINE
  • hatena
福本さん(左)と薗部さん。中央がお椀になりたかったツリー
福本さん(左)と薗部さん。中央がお椀になりたかったツリー

 割れや節など加工できないお椀の材料を、新たな商品に生まれ変わらせる。薗部産業株式会社(小田原市)とワークショップコンシェルジュの福本ミカさん(アスペングローブ代表・厚木市)がアップサイクルに取り組んでいる。

 薗部産業は木工製品・漆器の製造販売を行う企業。日本の銘木を使い、木そのものが持つ色味や木目を活かした「めいぼく椀」は、グッドデザイン賞「ロングライフデザイン賞」を受賞するなど高い評価を得ている。

 一方、福本さんは愛知県の木工所で生まれ育ち、結婚を機に上京。2016年に起業し、モノづくりを通じて環境教育を伝えるワークショップの運営や純銀や木の商品企画を行っている。

 福本さんは5年ほど前、木製品事業者の支援を行う県産業技術センター の紹介を通じて、めいぼく椀を知った。「見るからに上質な木。端材もあるはず、なにか活用できないか」と考えていた矢先、都内の展示会で薗部産業の薗部弘太郎さんと出会った。

 めいぼく椀を製造する上で、年間で2tトラック数台分の端材が生まれ、炭や灰として活用していた。これまでも端材使用の申し出はあったが、かたい木材に全員断念した。「彼女の熱意に『やれるものなら、やってみな』と託したいと思った」と振り返る。福本さんは「生まれた時から木にふれてきた。できる」と即答した。

木の色味・大きさ生かし

 その日から端材との格闘が始まった。小さくカットされているため、大きな機械を使えず、専用の治具を必要とする苦労もあった。ふと、木の種類ごとに違う色合いに着眼、「この色味を生かして、お椀の材料だったことがわかる小さなツリーはどうか」と閃いた。薗部さんの支援も受けながら試作を重ね、20年の年末に完成した。

 「お椀になりたかったツリー」と銘打った商品に、薗部さんは「まさか完成できるとは」と喜んだ。23年には「神奈川なでしこブランド」にも認定され、商品の認知も広がりつつある。福本さんは「木を身近に感じ、地球環境を知るきっかけになれば」と話している。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

SDGs活動を一冊に

おだわらSDGs実行委員会

SDGs活動を一冊に

2023年度版が完成

5月18日

幻想的な竹灯篭

幻想的な竹灯篭

中井町 厳島湿生公園

5月18日

「なりわい体験」参加募集

「なりわい体験」参加募集

商議所会員 5月31日締切

5月18日

音楽とヒーリング

読プレ

音楽とヒーリング

6月16日 三の丸ホール

5月18日

5月26日に総会

西湘高同窓会

5月26日に総会

現役生と交流イベントも

5月18日

猫の里親会

猫の里親会

フレスポで

5月18日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月18日0:00更新

  • 5月11日0:00更新

  • 5月4日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook