神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

保全活動10年、支えに感謝 めだかサポーターの会

社会

公開:2024年2月10日

  • X
  • LINE
  • hatena
活動を振り返り感謝を述べる山田会長
活動を振り返り感謝を述べる山田会長

 小田原市鬼柳・桑原の野生メダカ保全活動に取り組む「めだかサポーターの会」が1月28日、おだわら市民交流センターUMECOで「活動開始10年 感謝の集い」を開催した。

 10年前に約10人で始めた活動が、今ではメンバーが90人に到達するまでに拡大してきた同会。絶滅危惧種の野生メダカが鬼柳・桑原の田んぼに生息していることを知り、保全活動に関心を持ってもらおうと2021年からは、田植えや稲刈りの体験ができる一般向けイベントを開催している。同会の山田純会長は「しかし、メダカの保全だけじゃやりきれない。何の変哲もない田んぼという空間に入れば、はしゃぎまわるくらい楽しい。これが原動力」とこれまで活動を継続できた理由を振り返った。集いでは関係者らを招き、立ち上げ時の秘話や今後の方針などを報告。最後は童謡「めだかの学校」の合唱で締めくくった。

 同会では現在、プロジェクト「メダカーズ100」を立ち上げ、継続的に保全活動に関わることができる担い手を募集している。HP(https://savejapan-pj.net/sj2023/kanagawa/event/100.html)から応募できる。募集期間は24年3月末まで。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

得意の接近戦で関東優勝

得意の接近戦で関東優勝

ボクシング・岡田さん

2月24日

動物生態画の企画展

動物生態画の企画展

生命の星・地球博物館

2月24日

市職員採用 今年も楽しく

市職員採用 今年も楽しく

説明会概要 HPで公開

2月24日

140人がグロリア熱唱

140人がグロリア熱唱

三の丸ホールで3月10日

2月24日

大井町と災害協定

相原興業

大井町と災害協定

燃料等の調達で

2月24日

地域の有志で新たな試み

根府川おかめ桜まつり

地域の有志で新たな試み

2月24日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月24日0:00更新

  • 2月17日0:00更新

  • 2月10日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook