神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

小田原文学研究会が発足 ゆかりある文学者に光を

文化

公開:2024年3月23日

  • X
  • LINE
  • hatena
総会に集まった発起人ら
総会に集まった発起人ら

 小田原の文学を盛り上げようと、地元有志がこのほど小田原文学研究会を発足した。2月26日には、おだわら市民交流センターUMECOで設立総会が開催された。

 同会が計画しているのは主に3つの事業で「小田原出身または居住した文学者・作家の作品の研究と顕彰する事業」、「同上の資料の発掘と整理、保存」、「その他本会の目的に沿った文学活動及び文芸的事業」。会長の石井敬士さんは「山田太一さんが湯河原に疎開して小田原高校に通っていたことは知られているが、近代以降になると、小田原とゆかりのある文学者の様子はあまり知られていない。小田原にはいろいろな文学研究の団体があるが、これからは連携していく行事ができれば」と話す。今後は23人の発起人を中心に活動していく方針で、発起人のひとり小泉政治さんは「小田原は明治以降、北村透谷、福田正夫、牧野信一など多くの文学者を生んできた。彼らの資料発掘、研究者育成をして、市民にも知っていただければ」と話している。問い合わせは同会小泉さん【電話】090・5409・3071。

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

日大櫻門会が定例総会

日大櫻門会が定例総会

「活動を活性化させていく」

6月15日

まちの魅力をアートに

放課後児童クラブ

まちの魅力をアートに

壁紙端材を活用し制作

6月15日

ミニ家具と小物の展示販売

ミニ家具と小物の展示販売

喫茶館 銀の椅子で22、23日

6月15日

市がパートナーを募集

市がパートナーを募集

応募は6月28日まで

6月15日

企業防災でSDGs

企業防災でSDGs

災害に持続可能な備えを

6月15日

サン・ライフの合同供養祭

サン・ライフの合同供養祭

県内及び八王子の4会場で

6月15日

あっとほーむデスク

  • 6月15日0:00更新

  • 6月8日0:00更新

  • 6月1日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

お店のプロの技を体験

おだわらシルミル講座紹介【3】

お店のプロの技を体験

参加店舗で予約受付

6月1日~6月30日

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のイベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook