神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS

詩と絵に宿る優しさ 星野富弘展 4月8日まで

文化

公開:2024年3月30日

  • X
  • LINE
  • hatena
「花の詩画展」初日には群馬県の「富弘美術館」の聖生清重館長も来場
「花の詩画展」初日には群馬県の「富弘美術館」の聖生清重館長も来場

 口にくわえた筆で詩と絵を書き続けてきた詩画作家、星野富弘さんの「花の詩画展」が小田原三の丸ホール展示室で3月27日から始まった。

 小田原で初開催となる今回の詩画展には原画を含め約80点の心温まる作品が展示されている。

 星野さんは1946年生まれ。教諭としてクラブ活動の指導中に頸髄を損傷し、24歳で手足の自由を失う中、入院中に筆を口でくわえて作品を書き始める。優しいタッチの絵が広く共感を呼び、80年代から雑誌や新聞で作品の連載がスタート。「花の詩画展」は82年に初開催され、以後、全国各地で企画されている。

 同展は4月8日(月)まで開催。午前10時〜午後6時(5時30分まで入場可)。入場料800円、中学生以下・障害者手帳所持者と同伴者1人は無料。(問)同詩画展事務局【電話】044・833・2552(平日午前9時〜午後5時)

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のローカルニュース最新6

地元の川を一斉清掃

地元の川を一斉清掃

「クリーンもりと」71人参加

4月13日

観桜地までの道を美化

観桜地までの道を美化

強羅・宮城野エリア

4月13日

尾崎一雄をめぐる

尾崎一雄をめぐる

4月21日 文学散歩、講演会

4月13日

若者の活躍を応援

小田原市

若者の活躍を応援

アイデアを募集

4月13日

ミナカ小田原が寄付

ミナカ小田原が寄付

能登半島地震の義援金

4月13日

運動の楽しさを知って

小田原サッカー協会

運動の楽しさを知って

酒匂川河川敷で体験会

4月13日

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月13日0:00更新

  • 4月6日0:00更新

  • 3月30日0:00更新

小田原・箱根・湯河原・真鶴版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook