港南区・栄区版 掲載号:2017年8月31日号
  • googleplus
  • LINE

サッカーの元ブラジルU-20代表で、栄区のエスぺランサSCに新加入した。エリエジオ・サントスさん瀬谷区在住 30歳

日本での活躍「今度こそ」

 ○…世界の名門を渡り歩いてきたセンターバックが、栄区のサッカークラブ・エスペランサSCに新加入した。183cmとDFの中では決して大柄ではないが、がっしりとした身体で空中戦はめっぽう強く、「相手の攻撃を弾き返すのが気持ちいい」。得意のヘディングでのクリアーは60メートル先までボールを飛ばすほど力強い。「日本のクラブで今度こそ活躍したい。いずれはやっぱり、もう一度J1の舞台でも」

 ○…来日は2度目。1度目は15歳の時、祖国ブラジルでのプレーを見た関係者に誘われ、東京の関東第一高校にサッカー留学した。卒業後にはJ1・浦和レッズに入団したが、出場機会を得られないままわずか1年で解雇となった。「いつか試合に出られると信じて、前向きに準備していたけれど」。チャンスを求めて帰国し、クルゼイロECに加入すると2カ月でトップチームの主力選手となった。さらに翌2006年には20歳以下のブラジル代表メンバーにも名を連ねるなど、能力は大きく花開いた。

 ○…その後は、欧州ナンバーワンになった実績もある強豪のFCポルト(ポルトガル)をはじめ、2国のクラブで守備の要を担った。とりわけ経験値がものを言うポジションゆえ、「いろんな経験を積んで、体力的にも精神的にも今の方が10代の頃よりいいディフェンダー」。選手として円熟期を迎え、今春ブラジルのクラブチームとの契約が満了したのを機に、思い入れのある日本での活躍を夢見て6月に再来日を果たした。

 ○…現在、関東2部リーグのエスペランサはJFLへの昇格を目指すチーム。一員としてその実現への貢献を誓いながら、瀬谷区のサッカークラブでコーチとして小中学生に指導もしている。「子どもたちには球際の強さとか、そういうものを教えられたら」と優しく語る。「悔しさの残っているJ1でリベンジするのが最大の目標」。覚悟のにじむ言葉に力を込める。

港南区・栄区版の人物風土記最新6件

森田 邦夫さん

栄区の老人福祉センター「翠風荘」の所長を務める

森田 邦夫さん

11月16日号

五十嵐 京子さん

栄区地域子育て支援拠点「にこりんく」の施設長として子育て支援活動を行う

五十嵐 京子さん

11月9日号

廣畑 成志さん

発起人として「港南台 街&暮らし白書2020」づくりを続ける

廣畑 成志さん

10月26日号

田邊 俊介さん

栄スポーツセンター所長として地域のスポーツや文化の振興に取り組む

田邊 俊介さん

10月12日号

田村 淳一さん

港南警察署の署長に新しく着任した

田村 淳一さん

10月5日号

陶山 誠さん

港南区内の石仏・石塔353基を紹介する「わがまち港南の石仏たち」を著した

陶山 誠さん

9月21日号

港南区・栄区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「新たな趣味」発見の場に

「新たな趣味」発見の場に

街の先生フェスタ 24日から

11月24日~11月29日

港南区・栄区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年11月16日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク