港南区・栄区版 掲載号:2017年8月31日号

サッカーの元ブラジルU-20代表で、栄区のエスぺランサSCに新加入した。

エリエジオ・サントスさん

瀬谷区在住 30歳

日本での活躍「今度こそ」

 ○…世界の名門を渡り歩いてきたセンターバックが、栄区のサッカークラブ・エスペランサSCに新加入した。183cmとDFの中では決して大柄ではないが、がっしりとした身体で空中戦はめっぽう強く、「相手の攻撃を弾き返すのが気持ちいい」。得意のヘディングでのクリアーは60メートル先までボールを飛ばすほど力強い。「日本のクラブで今度こそ活躍したい。いずれはやっぱり、もう一度J1の舞台でも」

 ○…来日は2度目。1度目は15歳の時、祖国ブラジルでのプレーを見た関係者に誘われ、東京の関東第一高校にサッカー留学した。卒業後にはJ1・浦和レッズに入団したが、出場機会を得られないままわずか1年で解雇となった。「いつか試合に出られると信じて、前向きに準備していたけれど」。チャンスを求めて帰国し、クルゼイロECに加入すると2カ月でトップチームの主力選手となった。さらに翌2006年には20歳以下のブラジル代表メンバーにも名を連ねるなど、能力は大きく花開いた。

 ○…その後は、欧州ナンバーワンになった実績もある強豪のFCポルト(ポルトガル)をはじめ、2国のクラブで守備の要を担った。とりわけ経験値がものを言うポジションゆえ、「いろんな経験を積んで、体力的にも精神的にも今の方が10代の頃よりいいディフェンダー」。選手として円熟期を迎え、今春ブラジルのクラブチームとの契約が満了したのを機に、思い入れのある日本での活躍を夢見て6月に再来日を果たした。

 ○…現在、関東2部リーグのエスペランサはJFLへの昇格を目指すチーム。一員としてその実現への貢献を誓いながら、瀬谷区のサッカークラブでコーチとして小中学生に指導もしている。「子どもたちには球際の強さとか、そういうものを教えられたら」と優しく語る。「悔しさの残っているJ1でリベンジするのが最大の目標」。覚悟のにじむ言葉に力を込める。

関連記事powered by weblio


港南区・栄区版の人物風土記最新6件

坂本 仁義(ひろよし)さん

9月4日付で栄警察署の署長に就任した

坂本 仁義(ひろよし)さん

9月14日号

千葉 青濤(せいとう)さん

こうなん文化交流協会・美術部会の部会長として活動活性化に尽力する

千葉 青濤(せいとう)さん

8月24日号

湯川 孝則さん

国際ロータリー第2590地区の今年度ガバナーを務める

湯川 孝則さん

8月10日号

森 茂徳(しげのり)さん

港南少年補導員連絡会の会長として活動する

森 茂徳(しげのり)さん

7月27日号

谷本 吉年さん

港南区スポーツ推進委員連絡協議会の会長としてスポーツイベントを支える

谷本 吉年さん

7月20日号

鵜飼(うがい) 典男さん

公益社団法人神奈川県薬剤師会の第24代会長に6月18日付で就任した

鵜飼(うがい) 典男さん

7月13日号

9/10くらべて選ぶ事前相談会

家族葬から一般葬儀まで費用や内容について、ご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

港南区・栄区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

港南区・栄区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月14日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/