宮前区版 掲載号:2017年1月1日号

市政報告

区民の声生かしたバス路線の充実を

川崎市議会議員 石川けんじ

 現在、社会実験が行われている「たまプラーザ=向丘遊園駅間のバス路線の社会実験」は、1月31日で半年間の実験を終え、1月に行われる3回目の利用者アンケートを受け実施の可否を判断することになります。2回目までの評価は「利用者数は、目標に達していないが、今後の利用意向などの、他の項目では目標値に達している」と、本格実施の可能性を示しています。交通局も実験後の2〜3月の継続運行を東急バス株式会社と協議するとしています。

 この路線は、地元の声を市がくみ上げた形で社会実験まで漕ぎ着けたものですが、宮前区では住民参加で、宮前平駅=宮崎台駅=虎ノ門病院を結ぶ「虹バス」を実現した経験があります。まちづくり協議会の交通部会の粘り強い努力と東急バス(株)、医師会の協力、宮前区役所のバックアップが実を結んだものです。住民参加によるバス路線の充実について、私は市長に「市や区と事業者、区民が一堂に会し、交通問題を協議する場の設定ができないか」質しました。福田紀彦市長の答弁は「地元の要望を丁寧にくみ取り、地域交通の充実に努めたい」に止まりましたが、今後、鷺沼駅の駅前再整備で新たな路線新設の可能性も出ています。住民参加の交通問題の協議の場が求められています。

日本共産党川崎市議会議員(宮前区) 石川けんじ

〒216-0024 川崎市宮前区南平台18-15

TEK:044-978-0456
FAX:044-978-0345

http://www.ishikawa-kenji.jp/

宮前区版の意見広告・議会報告最新6件

「市民(あなた)の視点」で市政改革!!生まれ変わる鷺沼 !Vol.1

川崎市議会大規模災害対応指針を策定

宮前ガバナンス元日特別号市政報告

川崎市議会大規模災害対応指針を策定

1月1日号

22年の経験と変化するニーズに応える県政を

県議会議員(自民党)持田文男 新春県政報告

22年の経験と変化するニーズに応える県政を

1月1日号

学校給食、市内産活用へ大きな一歩

市政報告Vol.8

学校給食、市内産活用へ大きな一歩

1月1日号

市民の声から政策を実現

12月議会 LED防犯灯や旧西部公園事務所利活用 市政報告

市民の声から政策を実現

1月1日号

担当部署・組織・委員会の設置を提言

小児等在宅医療施策構築に向けて 市政報告

担当部署・組織・委員会の設置を提言

1月1日号

関連記事(ベータ版)

宮前区版の関連リンク

“輝けシニア起業家”

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年1月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/