神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
宮前区版 公開:2024年3月29日 エリアトップへ

市政報告Vol.48 菅生保育園敷地の将来的活用について 川崎市議会議員 矢沢たかお

公開:2024年3月29日

  • X
  • LINE
  • hatena

 2月13日から3月18日まで行われた市議会第1回定例会が行われました。予算審査特別委員会では宮前区における3つのテーマを取り上げました。今回はその内「菅生保育園敷地の跡地利用」についてご報告致します。

耐震不足で移転

 初山にある川崎市立保育園である「菅生保育園」はこのたび、「地域子育て支援センターすがお」(蔵敷)を合築改修工事して移転することが公表されました。昨年のまちづくり委員会で報告された「公共建築物の耐震対策」において、同園が震度6強〜7程度の大地震が発生した場合に、「地震の震動及び衝撃に対して、倒壊し、または崩壊する危険性がある建物」と判定されたことが理由です。

 これは園児の安全を第一に考えた取り組みであり、私も現地を視察し、市の判断は致し方ないものと受け止めました。市議会では、予定通り来年10月に移転した場合の敷地の跡地利用について質問しました。

民間活力も視野に

 施設を所管するこども未来局長は「周辺地域における保育ニーズの増加が見込まれないため、新たな保育所の整備は予定していない。他の活用も想定されないことから、全庁に向けた利活用調査を実施したが、希望する部署がなかった。今後は関係局と連携し、民間活用も含めて具体的な活用方法等について検討を進めていく予定」と答弁しました。

 同園は敷地が約1400平方メートルあります。こうしたまとまった公共用地が出てくるのは非常に稀です。現在の園舎と園庭の構成だけ見れば、地域団体活動スペースとしてのコミュニティ機能や、橘公園で実施している公募設置管理のような事も検討できる可能性もあります。更地にするとしても、子どもたちの賑やかな声も日常にあった地域ですので、不足している「ボール遊びが出来る公園」へと転換しても良いかもしれません。

 いずれにしろ、地域課題解決に向けた行政施策として連動した取り組みを展開すべきです。跡地活用に向けては、全庁的な検討に加え、地域と協働した検討を進めるべきだと提案しました。

 全市的に公共施設・用地の再編が進んでいる中、本件のように機微を捉えた柔軟性のある取り組みも市として必要です。今後も注視して参ります。

菅生保育園外観
菅生保育園外観

矢沢たかお

宮前区初山1-20-12

TEL:044-976-2727

https://yazawa-t.jp/

宮前区版の意見広告・議会報告最新6

災害に強い川崎へ!(中)

宮前ガバナンス5月号 連載寄稿

災害に強い川崎へ!(中)

〜情報を一早くキャッチで身の安全を!〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

5月17日

教員不足が深刻に

市政報告

教員不足が深刻に

 日本共産党 川崎市議会議員団 石川けんじ

5月3日

全区に発達相談センター設置民間施設との連携で対応強化を

市政報告【4】

全区に発達相談センター設置民間施設との連携で対応強化を

あしたの川崎・日本維新の会 高戸ともこ

5月3日

災害に強い川崎へ!(上)

宮前ガバナンス4月号 連載寄稿

災害に強い川崎へ!(上)

〜かわさき強靱化計画〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

4月19日

24年度予算、未来に向け推進

県政報告

24年度予算、未来に向け推進

県議会議員(自民党)持田文男

4月12日

若年性認知症の支援体制の強化

一人によりそう。明日へつなぐ。 市政報告

若年性認知症の支援体制の強化

公明党川崎市議会議員団 田村しんいちろう

3月29日

意見広告・議会報告政治の村

  • 災害に強い川崎へ!(中)

    宮前ガバナンス5月号 連載寄稿

    災害に強い川崎へ!(中)

    〜情報を一早くキャッチで身の安全を!〜川崎市議会議員 石田 やすひろ

    5月17日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

宮前区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

宮前区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook