町田版 掲載号:2011年9月29日号

金井小

深いマイセン鑑賞を 教育

近隣の町田市立博物館企画展と連携 

児童らは、実際博物館を訪れ気に入った1点をワークシートにスケッチした(22日撮影)
児童らは、実際博物館を訪れ気に入った1点をワークシートにスケッチした(22日撮影)

 町田市立金井小学校(石井清文校長)では4年生の図工の授業における学習指導の一環として、近隣の町田市立博物館と連携し、25日まで開催されていた展示会「マイセン〜西洋磁器の誕生〜」の作品を学んだ。児童が博物館で「ただ作品を鑑賞する」だけでなく、事前・事後の学習を加えることで、作品をより深く味わってもらおうとする指導法が施されている。

 19日の事前授業では、7班に分かれ、写真でマイセン7作品を3分間ずつじっくり鑑賞。その後、好きな作品を1つ選びスケッチし、その特徴を互いに話し合いながらワークシートに書きとめた。その2日後には博物館を訪れ、実際に飾ってある作品を鑑賞し、スケッチも行なった。4先生の児童は、「写真で見るより表現がすごかった。描いていて気づくこともある」と話し、作品を深く楽しんでいた。今回授業を担当した櫻井美智子先生は「事前授業を工夫し通り過ぎてしまう作品鑑賞にならないようにしました」と話していた。

10月8日〜「江戸切子」

 町田市立博物館では今月25日に終了した展覧会「マイセン」に続き、10月8日(土)から「江戸切子-日本のカットガラスの美と伝統-」を開催する。入場無料。11月27日(日)まで。

 江戸時代から現代に至る日本の切子とその源流にあたるヨーロッパのカットガラス250点に加え、現代の切子の工具も併せて展示する。なお本展覧会でも、同小6年生が同じく図工の時間で「江戸切子」を題材に取り上げ、同様に学習する予定だ。

 展覧会に関する問合せは【電話】042・726・1531町田市立博物館へ。
 

町田版のトップニュース最新6件

50周年を迎える節目の年

町田JC賀詞交歓会

50周年を迎える節目の年

1月19日号

地域福祉計画を策定

町田市

地域福祉計画を策定

1月19日号

オリジナル出生・婚姻届

鶴川駅前再整備へ

地域で支える認知症

新成人4,314人の門出

東京大改革に向けた意見交換会

~真に戦うべき敵とは~ 主催 都民ファーストの会 おくざわ高広

http://okuzawa-takahiro.com/

<PR>

関連記事(ベータ版)

町田版の関連リンク

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

塩作りから考える

塩作りから考える

里山農園でお話会

12月16日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

町田版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク