町田版 掲載号:2017年3月9日号
  • googleplus
  • LINE

鶴間公園

古墳〜奈良時代の住居跡 社会

南町田再開発に伴う発掘

2人が覗いているのが住居跡(4分の1)。柵の右側がグランベリーモール跡地(3月1日)
2人が覗いているのが住居跡(4分の1)。柵の右側がグランベリーモール跡地(3月1日)

 市の南町田駅周辺再開発に伴い、公共施設の建設予定地である鶴間公園の一部で発掘調査が行われ、市内で999番目となる埋蔵文化財が出土した。3月1日、市内在住で重永・横田記念板碑研究所理事・中西望介さんとともに現地を訪れ、発掘調査を行う(株)四門の文化財調査員・板垣徹さんに話を聞いた。

 2月6日に開始された今回の調査では、鶴間公園の丸山峠と呼ばれる雑木林の高台約375平方メートルを2回に分けて試掘した。50cmほど掘り下げたところで、土器の欠片が出土し、竪穴式住居跡と思われる約4m四方の遺構が発掘された。板垣さんは「はっきりと柱の跡や竈(かまど)の跡がうかがえます。人工だと思われる溝も発掘された。水が流れていた形跡がないので何かしらの区画としての溝と考えられます」と説明。

 発見された土器からこの竪穴式住居は古墳時代から奈良・平安時代と考えられ、板垣さんは「土師器(はじき)と呼ばれる土器で主に生活用に使われたものでしょう。この場所の眼下にある『さわやか広場』はその地形や位置から池だったと思われます。水辺には集落ができると想像できます」と話す。土器片はこのあと整理作業をして復元することで、より具体的な年代がわかるという。発掘された遺構は調査後、詳細を記録し、埋め戻される。

 遺構の近くに年代の異なる幅1・5mほどの生活道路の跡も発掘された。道路跡は他と区別しづらいため残らないことが多いという。中西さんは「貴重なものが見られた」と喜んでいた。
 

土器の形状で時代が分かる
土器の形状で時代が分かる
住居跡に竈の跡がうかがえる(小室さん撮影)
住居跡に竈の跡がうかがえる(小室さん撮影)

関連記事powered by weblio


町田版のトップニュース最新6件

さまざまな愛をテーマに

月イチ映画 上映会

さまざまな愛をテーマに

10月12日号

幅広い世代で防災訓練

4人が出馬の意向

衆院選東京23区

4人が出馬の意向

10月5日号

子どもにも浮世絵を

国際版画美術館

子どもにも浮世絵を

10月5日号

新種のネーミングが決定

ライトアップイベントも開催

新種のネーミングが決定

9月28日号

子育てマガジン創刊

現役お母さん

子育てマガジン創刊

9月28日号

町田版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

町田版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

72時間を支え合う

72時間を支え合う

桜美林大で忠生地域ケア会議

10月21日~10月21日

町田版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月12日号

お問い合わせ

外部リンク