小田原版 掲載号:2017年8月12日号

夢の舞台「全中」へ スポーツ

競泳・陸上・空手道

 中学スポーツ最高の舞台”全中”に小田原の選手たちが出場する。競泳は鹿児島で8月17〜19日、陸上は19〜22日に熊本で、空手道は18〜20日に山梨で開催。

 全国各地の予選を勝ち抜いた中学生が集う全国中学校体育大会。競泳の岩渕立歩(りほ)さん(相洋中2年)は、自由形400mで4分28秒22、800mで9分15秒72と参加標準記録を突破し、2年連続の出場を決めた。昨年全国10位だった400mは、「決勝進出(8人)を目指したい」。レース当日に唐揚げを食べる岩渕さんは、大舞台でも”勝負メシ”をパワーに変える。

 陸上では、3年の砲丸投・下川優来君(国府津中)と800m・土岐優花さん(相洋中)が、7月の県選抜で自己ベストを更新。中学最後の夏に、全中デビューを果たす。

 下川君は、元選手の父や先輩の助言をもとに上半身のフォームを改善し、13m63で県を1位で通過した。ずっと胸に秘めてきた言葉は『雑草魂』。「独学で始め、地道にやってきた努力を発揮したい」(下川君)。一方の土岐さんは、県選抜で2分15秒88と自身の持つ記録を5秒短縮した。開催地のゆるキャラ『くまモン』がプリントされた大会Tシャツをすでに購入。「貴重なレースを楽しみたい」と笑顔を見せた。

 全国中学生空手道選手権大会には、相洋中が女子組手団体戦で昨年に続く2回目の出場。5月に出場権を獲得して以降、それぞれが技を磨いてきた。山本彩未さん(3年)は「練習したことを結果として出したい」と言い、全国初勝利を狙う。

関連記事powered by weblio


小田原版のトップニュース最新6件

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

13高校が個別進路相談

13高校が個別進路相談

8月20日 中学生対象

8月20日~8月20日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年8月19日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/