小田原版 掲載号:2017年9月9日号

片浦地区

ミカン→レモンで畑再生 社会

大学、行政、企業らが連携

耕作放棄地で草を刈るサントリー労組組合員
耕作放棄地で草を刈るサントリー労組組合員
 耕作放棄されたミカン畑をレモン栽培で再生しようとするプロジェクトが、片浦地区で動き出した。8月27日には、サントリー商品開発センター(川崎市)の労働組合員や市、県職員、大学生らが、農地整備やワークショップを行った。

 県と大学が連携し地域の課題解決に取り組む「県西地域大学連携事業」の一環。慶應義塾大学の研究によると、ミカン栽培では日照が不十分で生育に適さない場所から耕作放棄地になる傾向があると判明。同事業では、日照が少なくても育てやすく収益が高いレモンの栽培等を通じた耕作放棄地解消のためのビジネスモデルの確立を目指し、県へ提案して7月に採択された。

 地域貢献活動に取り組むサントリー労組が協力し、この日が活動の1回目。約30人が鎌やのこぎりで草を刈ったり枝を伐ったり約1時間の作業に汗を流した。

 活動の中心は、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の都丸孝之特任准教授(45)。同地区にある妻の実家でミカン収穫を手伝うなか、耕作放棄地の増加を実感。大学として昨年7月から地元生産者らと研究を進めてきた。作業を終えて「収益性を高め農業の担い手を増やすことで耕作放棄地解消につなげたい」と話している。

関連記事powered by weblio


小田原版のトップニュース最新6件

合併協議で市民説明会

小田原市

合併協議で市民説明会

9月9日号

ダイナシティ内の「西武」撤退

「合併」市民に意向アンケート

ビルマの竪琴を寄贈

西山喜誉志さん(市内久野在住)

ビルマの竪琴を寄贈

8月26日号

九都県市合同で防災訓練

日本新薬に新製剤棟

給食スタッフ大募集

10月オープンの「ほうあんふじ」(小田原市)など4か所で

http://www.mtfoods.jp/recruitcareer/index.html

<PR>

小田原版の関連リンク

あっとほーむデスク

小田原版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

技術学び自主上映会

技術学び自主上映会

16ミリ映写機の講習会

10月7日~10月7日

小田原版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年9月9日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/