都筑区版 掲載号:2012年6月21日号
  • googleplus
  • LINE

つづきっこまつり 子どもたち主導で企画 収益金は被災地、WFPへ

イベントを手掛ける企画委員会
イベントを手掛ける企画委員会

 都筑区総合庁舎の1階区民ホールなどで6月24日(日)に開催されるつづきっこまつり。”子どもの・子どもによる・子どものためのおまつり”をコンセプトに、皆が楽しめる企画の準備を進めている。

 主催はこどもたちだけで組織されるこども企画委員会(宮杉真帆代表、澁谷瑞穂代表)と、サポートを目的に大人で形成されるつづきっこまつり運営委員会(平野実代表)。模擬店などもあり、収益金は東日本大震災の被災地や、WFP(国連世界食糧計画)に寄付される。

 17回目を迎える今年のテーマは”笑い”。「寄付を通して笑顔を届けたい。まつりに来てくれた人たちも笑顔にできたら」と話すのは宮杉代表。テーマにちなんで、子どもたちによるコントやお笑い芸人「わらふぢなるお」を招いてのパフォーマンスも行われる。

お笑い芸人も

 はじめは「被災地出身のお笑い芸人、サンドウィッチマンを呼びたい」という企画委員会の希望から始まり、所属事務所に手紙を送った。多忙を極めるお笑いコンビを呼ぶことはできなかったが、後輩の「わらふぢなるお」を招くことができた。その後も実際に歌舞伎町で行われたお笑いライブにも足を運び、直接の触れ合いを大切にした。当日はサンドウィッチマンのコメントも読まれる予定。「子どもたちの強い気持ちに大人が動いてくれたんだと思います」と運営委員会の早川雅子副代表。

 また模擬店では企画委員会のアイデアから作り上げた「色が変わるジュース」など、様々な企画も登場。10時30分から販売が開始。子どもたちによるコント、お笑い芸人のパフォーマンスは午後1時30分から受け付け開始。問い合わせは運営委員会の鶴さん【電話】045・931・3144まで。
 

都筑区版のトップニュース最新6件

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月8日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

障害者の外出サポート

都筑区社協

障害者の外出サポート

2月1日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク