都筑区版 掲載号:2014年1月9日号
  • googleplus
  • LINE

中川拠点のニットサークル 「NZ(ニュージーランド)へ温もり届け」 19枚の毛布を被災地に

おくるみを手に笑顔のメンバー
おくるみを手に笑顔のメンバー
 2011年2月22日、ニュージーランドで起こった大地震。NAC(日本編物文化協会)の被災地支援活動に参加する中川地域ケアプラザのニットサークル(保坂優子代表)らが1月中旬、19枚の毛布を送ることになった。

 被災したニュージーランドは、その直後の東日本大震災などで現地の様子を伝えるニュースは減っており、復興が遅れていることはあまり知られていない。そんな中、NAC主体のニット製品を被災地へ送る活動の存在を知った保坂代表が一念発起。ニットサークルのメンバーらが「愛のモチーフ」を被災地に届けようと、昨年8月頃から毛糸のモチーフ作製が始まった。

活動に広がり

 募集したのはかぎ針と毛糸で編む20cm四方のモチーフ。中心から円を描くように編むもので、作業時間は1時間ほど。中川地域ケアプラザなどで募集を呼びかけるチラシを配布したところ、活動が徐々に広がりをみせ、20代の主婦から80代の女性までがモチーフを持ち寄った。昨年10月には同ケアプラザも協力し、モチーフの編み方を一から指導する教室も開催するなど、地域一体で協力。集まったモチーフは432枚になった。保坂代表は「皆さんに予想以上のご協力をいただき、本当に驚いています。感謝してもしきれない」と振り返る。

 寄せられたモチーフは同団体が繋ぎ合わせ、赤ちゃんを包める約1m四方のおくるみサイズに完成した。「皆さんがそれぞれ持ち寄ってくれたものなので、色はバラバラです。でも温かさは十分。おくるみに包まれて、被災地の赤ちゃんが大きく成長してくれたらうれしい」と笑顔を見せる保坂代表。繋ぎ合わせて出来たおくるみは計19枚。1月半ばごろ、都筑区民の真心とともに被災地へ送られる予定だ。

暑中お見舞い申し上げます

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6件

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月26日号

5,000m競歩で全国へ

中大横浜高校平岡さん、吉川さん

5,000m競歩で全国へ

7月26日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月19日号

ストレッチで健康促進

都筑区役所保険年金課

ストレッチで健康促進

7月19日号

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月12日号

再開発が本格始動

グリーンライン川和町駅周辺

再開発が本格始動

7月12日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人形キットを作ろう

WEショップつ づ き

人形キットを作ろう

8月1日 かけはし都筑

8月1日~8月1日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク