都筑区版 掲載号:2015年12月24日号
  • googleplus
  • LINE

仲町台編み物サークル 独自ブランド立ち上げ 会社設立も視野に

社会

発表された商品の展示
発表された商品の展示

 都筑区のコミニティカフェ「いのちの木」(仲町台1の32の21)に集まる編み物サークルのメンバーが15日、独自ブランド「Dorcas(ドルカス)」を立ち上げ、当日参加した支援者ら約20人に対して、手作りニットなどの商品発表を行った。今後は同所での販売を通じて、会社設立も視野に、活動を継続していく。

 同所を運営するのは、障害者支援事業などを行う、NPO法人「五つのパン」。編み物サークルの活動は、毎月第1、第3木曜と、第2、第4水曜。30代後半から70代後半までの女性が中心に集まり、テーブルを囲み、会話を楽しみながら編み棒を動かす、交流の場になっている。

 ブランド立ち上げに参加したのは、木曜メンバー約20人。同サークルでは独自ブランドを立ち上げようと、昨年10月から1月頃まで、ネットを通じ賛同する人から寄付金を募る「クラウドファウンディング」を活用。集まった資金は約42万円。支援者は51人にのぼった。今回の資金は15日に発表された、ニット帽や、トートバッグなどの材料費や試作に使われた。

 サークルは、2012年に開設。当初は数人のメンバーが趣味として集まっていたが、徐々にカフェ内で自作品の販売を開始。昨年春にファッション雑誌の編集者の目にとまり、ニットバッグの製作を依頼された。 

 細かい製品依頼にメンバーの編み手技術も向上し、独自ブランド立ち上げの機運が高まっていった。

 今後について、同NPO法人の岩永敏郎理事は、「必ずしも会社という形態に囚われず、参加者一人ひとりの個性を生かせるような場にしていきたい」と話している。

参加者の生きがいに

 「今が人生で一番楽しいです」と笑顔で話すのは編み図の作製などを担当する金城昌子さん(79)。定年前に専門学校で勉強していた編み物の技術を活かす。  

 1人暮らしの自宅では会話できる相手がいないため、気持ちがふさぎ込み、うつ状態に。編み物のやり方を忘れ、言葉も出てこなくなった。今年7月からサークルに参加し、認知症のような症状が緩和されたという。「わからないところを聞き合って、編み物をしながら話す時間が楽しくて。ここに来て記憶がよみがえってきた」と話した。
 

都筑区版のトップニュース最新6件

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月19日号

ストレッチで健康促進

都筑区役所保険年金課

ストレッチで健康促進

7月19日号

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月12日号

再開発が本格始動

グリーンライン川和町駅周辺

再開発が本格始動

7月12日号

道路水銀灯をLED化

横浜市

道路水銀灯をLED化

7月5日号

「球児に最高の舞台を」

(株)サカタのタネ濱崎さん

「球児に最高の舞台を」

7月5日号

師岡熊野神社

「七五三お着物レンタル先行ご予約会」「七五三レンタル衣裳内覧会」開催

http://www.kumanojinja.or.jp/

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人形キットを作ろう

WEショップつ づ き

人形キットを作ろう

8月1日 かけはし都筑

8月1日~8月1日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク