都筑区版 掲載号:2016年3月31日号 エリアトップへ

川向町周辺 まちづくり重点地区に IC整備受け指定

社会

掲載号:2016年3月31日号

  • LINE
  • hatena

 02年に策定された、土地利用などの指針を示す「都筑区まちづくりプラン」が15日、初改定された。今回の改定の中で、第三京浜「港北インターチェンジ(IC)」付近の川向町地区が「まちづくり重点検討地区」に位置付けられた。市は今後、物流や産業の拠点として同地区の開発を進めたい考えだ。

 港北IC付近は高速横浜環状北線・北西線の整備により、各方面からのアクセスが増し、土地有効活用の可能性が高まるとして、都筑区と市が重点検討地区に位置付けた。

 地元住民らから構成される「川向町南耕地地区土地区画整理組合設立準備会」の小泉一寿会長(78)は「高速道路高架下の農地は日照の問題が出てくる。周辺住民は排気ガスや騒音など心配する声もあがり、以前は反対意見もあった」と話す。しかし、地域活性化のためには好機ととらえ、道路建設を受け入れた。「沿道に商業施設を誘致しようという話もある。殺風景で無機質な街にはしたくないので、緑の多い、環境に配慮したまちづくりをしてほしい」

 市と住民の間では現在も話し合いが進められているという。今回の改定には「まちづくりにあたっての配慮事項」の項目で、産業の誘致・集積とともに、施設の緑化を図ることとも明記された。横浜市都市整備局の担当者は「(まちづくりの)具体的な話が決まったわけではないが、今後も住民と相談しながら進めていきたい」と話している。

東山田、川和町も

 東山田、川和町駅周辺もまちづくり重点検討地区に加わる。両駅周辺とも、買物の利便性などを求める声が住民から寄せられ、駅利用者も増加傾向にある。今回の改定では、利便性向上を図りながらも、緑地保全や施設の緑化に配慮するよう記載された。

 市全体のまちづくり指針を示す「横浜市都市計画マスタープラン」が13年3月に改定されたことに伴い、全18区のプランを順次改定していく予定。都筑区は市内3番目で、3年がかりで完成させた。改定にあたり、区職員が区内の全15連合自治会町内会で公聴会を行ったほか、市民アンケートなどを参考にした。区政推進課の担当者は「区プランは事業を進める際、方向性などを決めるときに指針とするもので、個々の事案については具体的にその都度決める」と話している。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

工事順調、来年3月開通へ

横浜北西線

工事順調、来年3月開通へ 経済

バイパス渋滞改善も期待

10月17日号

「子ども神輿」初担ぎ

川和町上サまつり

「子ども神輿」初担ぎ 文化

金子さん(荏田西在住)の手作り

10月17日号

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月10日号

セン南北周辺の上昇続く

都筑区内基準地価

セン南北周辺の上昇続く 社会

宅地最高は「荏田1丁目」

10月10日号

市が年内導入へ

パートナーシップ制度

市が年内導入へ 社会

同性カップルなど公認

10月3日号

新シーズンへ出航

プロバスケ横浜ビーコル

新シーズンへ出航 スポーツ

「海賊よ、勇敢であれ」

10月3日号

花形選手が世界戦初防衛

池辺町ボクシングジム

花形選手が世界戦初防衛 スポーツ

好敵手「判定」で下す

9月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月26日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク