都筑区版 掲載号:2017年1月12日号 エリアトップへ

ノロウイルス区内患者数 8週連続の警報レベル 市平均の2倍以上で推移

社会

掲載号:2017年1月12日号

  • LINE
  • hatena

 全国的に猛威を振るうノロウイルスなどの感染が原因となる感染性胃腸炎。1月4日に発表された横浜市感染症臨時情報によると、都筑区の1定点医療機関あたりの患者数は38・00人(51週・12月19日〜25日)で市平均の2倍以上で推移し、8週連続で警報レベル(20・00人)を上回っていることが分かった。

過去に例のない数値

 都筑区は市内18区に先駆けて、第44週(10月31日〜11月6日)時点で28・25人と警報レベルを超えた。08年までさかのぼっても第44週で同レベルを超えるのは初めての事態。さらに、46週(11月14日〜20日)には市平均の3倍以上の62・50人となり、10月末から約2カ月にわたり警報レベルを超えたままの状況だ。区内の状況について、市衛生研究所は「細かく分析しているわけではないので分からない」と話す。

 市の最新情報によると都筑区のほか、緑区(20・80人)、鶴見区(21・57人)、旭区(21・25人)など5区が警報レベルを超えている。

集団感染は8件

 市健康福祉局によると、保育園や小学校、高齢者施設などで複数が罹患する集団感染の報告数は区内で8件(8月29日〜12月15日)。例年に比べ多い傾向にあるという。学校などの冬休みが終わり、新学期の集団生活が始まるこれからは、患者数が増加傾向にあることから「引き続き注意が必要」と促している。

6歳以下が6割

 第47週(11月21日)から第51週(12月25日)の市内患者数は9378人。その内、6歳以下が5666人(60・4%)、7歳から19歳は2615人(27・9%)、20歳以上は1097人(11・7%)と乳幼児や未就学児などが約6割を占めていることも分かった。年齢別の発生状況について市担当者は「都筑区内も同じような傾向にあるのでは」と推測している。

 感染性胃腸炎は、細菌やウイルスなどにより下痢・嘔吐の症状を起こす感染症の総称で、病原体の多くがノロウイルスとされる。区医師会の水野恭一会長は「流行しているので手洗いの徹底と次亜塩素酸水での消毒をしてほしい」と話す。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

初のワンマンライブ開催

都筑区出身大嶋亜季さん

初のワンマンライブ開催 社会

24日新横浜strageにて

8月22日号

登校時に防犯パトロール

横浜市

登校時に防犯パトロール 社会

殺傷事件受け試行

8月22日号

在留外国人対応策を拡充

横浜市

在留外国人対応策を拡充 社会

11言語で困りごと解決

8月15日号

「平和スピーチ」で市長賞

南山田小6年山部花さん

「平和スピーチ」で市長賞 教育

貧困テーマに発表

8月15日号

暑さ対策 ミスト設置推進

横浜市

暑さ対策 ミスト設置推進 社会

商店街や駅などで整備

8月8日号

ハマスタ公演“感謝”の場に

サチモス

ハマスタ公演“感謝”の場に 文化

HSU&OK  地元凱旋

8月8日号

5,000m競歩で全国へ

中大横浜高吉川・富樫選手

5,000m競歩で全国へ スポーツ

アベック出場は初

8月1日号

あっとほーむデスク

  • 8月8日0:00更新

  • 7月18日0:00更新

  • 7月4日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年8月22日号

お問い合わせ

外部リンク