都筑区版 掲載号:2017年1月12日号 エリアトップへ

ノロウイルス区内患者数 8週連続の警報レベル 市平均の2倍以上で推移

社会

掲載号:2017年1月12日号

  • LINE
  • hatena

 全国的に猛威を振るうノロウイルスなどの感染が原因となる感染性胃腸炎。1月4日に発表された横浜市感染症臨時情報によると、都筑区の1定点医療機関あたりの患者数は38・00人(51週・12月19日〜25日)で市平均の2倍以上で推移し、8週連続で警報レベル(20・00人)を上回っていることが分かった。

過去に例のない数値

 都筑区は市内18区に先駆けて、第44週(10月31日〜11月6日)時点で28・25人と警報レベルを超えた。08年までさかのぼっても第44週で同レベルを超えるのは初めての事態。さらに、46週(11月14日〜20日)には市平均の3倍以上の62・50人となり、10月末から約2カ月にわたり警報レベルを超えたままの状況だ。区内の状況について、市衛生研究所は「細かく分析しているわけではないので分からない」と話す。

 市の最新情報によると都筑区のほか、緑区(20・80人)、鶴見区(21・57人)、旭区(21・25人)など5区が警報レベルを超えている。

集団感染は8件

 市健康福祉局によると、保育園や小学校、高齢者施設などで複数が罹患する集団感染の報告数は区内で8件(8月29日〜12月15日)。例年に比べ多い傾向にあるという。学校などの冬休みが終わり、新学期の集団生活が始まるこれからは、患者数が増加傾向にあることから「引き続き注意が必要」と促している。

6歳以下が6割

 第47週(11月21日)から第51週(12月25日)の市内患者数は9378人。その内、6歳以下が5666人(60・4%)、7歳から19歳は2615人(27・9%)、20歳以上は1097人(11・7%)と乳幼児や未就学児などが約6割を占めていることも分かった。年齢別の発生状況について市担当者は「都筑区内も同じような傾向にあるのでは」と推測している。

 感染性胃腸炎は、細菌やウイルスなどにより下痢・嘔吐の症状を起こす感染症の総称で、病原体の多くがノロウイルスとされる。区医師会の水野恭一会長は「流行しているので手洗いの徹底と次亜塩素酸水での消毒をしてほしい」と話す。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

芝生広場をリニューアル

センター北駅 前

芝生広場をリニューアル 社会

3月31日を目途に終了

2月20日号

無料「もの忘れ検診」開始

横浜市

無料「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上が対象

2月20日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月13日号

「米粉パン」企業と開発

北山田小6年生

「米粉パン」企業と開発 教育

ヨークマートで販売中

2月13日号

市、民間企業で実証実験

ショートタイムテレワーク

市、民間企業で実証実験 社会

女性の就労機会を創出へ

2月6日号

楜澤さん(茅ケ崎東小3年)が優秀賞

かながわ夢絵コンテスト

楜澤さん(茅ケ崎東小3年)が優秀賞 教育

高い表現力など評価

2月6日号

県全勝で関東大会へ

荏田高女子ハンド部

県全勝で関東大会へ スポーツ

2月1日 東京代表と対戦

1月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク