都筑区版 掲載号:2017年1月19日号 エリアトップへ

横浜銀行港北NT南支店 ロビー展が100回目 地元商業振興会が協力

文化

掲載号:2017年1月19日号

  • LINE
  • hatena
金子会長(左)と展示している河合夫婦、平野支店長
金子会長(左)と展示している河合夫婦、平野支店長

 横浜銀行港北ニュータウン南支店の店内の壁が「作品展示の場」として100回目の節目を迎えた。12日には、作家への依頼を主に行っているセンター南商業地区振興会の金子進会長に同支店から感謝状が贈られた。

 銀行のロビー展はアマチュアからプロまで、これまでに出展者が300人を超えているという。作品ジャンルは絵画、書、写真、プリザーブドフラワー、陶芸など多岐にわたる。

 08年から作品掲出をスタートさせた地元商業地区振興会の金子会長によると、区役所での展示はあったが、センター南地区周辺ではなかったという。そこで、振興会会員の横浜銀行の協力を得る形で展示を開始した。「油絵や水彩や写真などの作品を見てもらうことで都筑の文化を応援したい」と金子会長は話す。

夫婦の作品、31日まで

 記念すべき100回目の企画はイラストレーター・かわあいきよし氏(本名・河合澄さん)ときみこさん夫婦(区内在住)の作品展。イラストレーション制作の事務所を茅ケ崎南に構える澄さんは日常の風景を得意とし、今回は冬の「センター南駅」周辺の街並みとコロンビアやペルーなど中南米の日常を表現した作品が並んでいる。また、陶芸歴27年になるきみこさんは壁掛けタイプの一輪挿しなどを展示。

 同支店の窓口利用者の1日平均人数は約300人、ATMも含めると約1500人以上の出入りがあるという。澄さんは「多くの人に絵を見てもらえる機会が増えるのはありがたい」と感謝を述べた。平野雅之支店長は「皆様の作品を展示することで社会貢献につながっている。今後も場所として提供していきたい」と話している。

 作品は1月31日(火)までの予定。2月からは作品が変更になる。展示に関する問い合わせは同商業地区振興会事務局(金子保商事内)【電話】045・943・5257。
 

センター南の街並みを描いた作品など
センター南の街並みを描いた作品など

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

芝生広場をリニューアル

センター北駅 前

芝生広場をリニューアル 社会

3月31日を目途に終了

2月20日号

無料「もの忘れ検診」開始

横浜市

無料「もの忘れ検診」開始 社会

県内初、65歳以上が対象

2月20日号

6年ぶりのマイナス編成

横浜市予算案

6年ぶりのマイナス編成 政治

IR推進に4億円

2月13日号

「米粉パン」企業と開発

北山田小6年生

「米粉パン」企業と開発 教育

ヨークマートで販売中

2月13日号

市、民間企業で実証実験

ショートタイムテレワーク

市、民間企業で実証実験 社会

女性の就労機会を創出へ

2月6日号

楜澤さん(茅ケ崎東小3年)が優秀賞

かながわ夢絵コンテスト

楜澤さん(茅ケ崎東小3年)が優秀賞 教育

高い表現力など評価

2月6日号

県全勝で関東大会へ

荏田高女子ハンド部

県全勝で関東大会へ スポーツ

2月1日 東京代表と対戦

1月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月20日0:00更新

  • 2月13日0:00更新

  • 1月30日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク