都筑区版 掲載号:2017年1月26日号
  • googleplus
  • LINE

セン北駅前高架下 「ビーコルセンター」開設 今夏、オープン予定

スポーツ

(上)ビーコルセンター完成予定図(下)建設場所に立つ皆川代表
(上)ビーコルセンター完成予定図(下)建設場所に立つ皆川代表

 地域活性化を目的とする(株)五人侍(皆川幸成代表)は、都筑区に拠点を置く男子プロバスケットボールチーム「横浜ビー・コルセアーズ」の本部などを併設する「ビーコルセンター」を、センター北駅前高架下に開設する。今夏オープンに向け1月中に着工する予定。

 建設されるのはセンター北駅「出入口1」を出てすぐの高架下の土地約800平方メートル(中川中央)。市交通局が管理するこの場所を(株)五人侍が借り受け、施設を建設・運営する。

 内部にはビー・コル本部事務所やグッズショップ、チアリーディングチーム「B-ROSE」の公式練習場などが設置される。B-ROSEはこれまで特定の練習場を持たず、練習は市内のスタジオを転々として行っていた。そうした背景もあり、チームの植田哲也球団代表は「試合会場の横浜国際プールからも近く、チーム共々地に足付けて活動できる」と開設を喜ぶ。

 そのほか、青葉区内で展開する有名アメリカンレストランや、各種習い事の貸しスタジオも併設される。イベント開催を見越して中庭にスペースを備え、地域住民に広く利用してもらえる場所を目指している。

老若男女 集う場所に

 (株)五人侍は区内の不動産会社「大健商事(株)」皆川幸成代表取締役を含む6人からなる組織で、それぞれ地元で会社を営む者同士親交が深い。2年前から「地域に寄与できる活動を」との声が上がったことをきっかけに、本業とは違うことで地域を盛り上げようと会社を設立、施設建設に至った。

 苦節2年。「途切れそうなこともあった。年齢問わず誰もが利用できる場所にしたい」と皆川代表。レストランのメニューやスタジオで開催するスクール内容も子どもから大人まで楽しめるよう現在検討中だ。中川中央在勤のビー・コルファンは「近所でグッズが買えると嬉しい。チームがより身近になります」と話す。
 

都筑区版のトップニュース最新6件

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月8日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

障害者の外出サポート

都筑区社協

障害者の外出サポート

2月1日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク