都筑区版 掲載号:2017年5月25日号 エリアトップへ

都筑区 5施策柱にまちづくり 区運営方針を発表

社会

掲載号:2017年5月25日号

  • LINE
  • hatena
茅ケ崎中央の区総合庁舎
茅ケ崎中央の区総合庁舎

 都筑区(畑澤健一区長)は2017年度の区運営方針を、このほど発表した。目標達成に向け柱となる5施策を掲げ、区の特徴である子ども・子育て支援の継続とともに高齢者も活躍できる安心・安全なふるさとづくりを進める方針だ。

 区は今年度の基本目標を「未来につながるまちづくり 〜いきいき・にぎわい・つながりのあるふるさとづくり〜」と掲げた。

 15歳未満の年少人口割合が市内18区で最も高い16・4%(17年1月1日現在・横浜市統計ポータルサイトより)という区の特徴がある一方で、65歳以上の高齢者人口も増加傾向にあることから子ども・子育て世代から高齢者までがいきいきと活躍できるまちづくりを進めるとしている。

 目標達成に向けた施策としては▽いきいきと健やかに暮らせるまちづくり▽活力とにぎわいあふれるまちづくり▽安心して暮らせるまちづくり▽豊かな環境をいかしたまちづくり▽共感と信頼の区役所づくり――の5つを掲げ、子育てしやすい環境づくり、健康づくりの支援や経験豊富なシニア世代を地域で生かす取り組み、区内をホームタウンとして活動する男子プロバスケットボールチーム「横浜ビー・コルセアーズ」の応援、商店街の活性化などを盛り込んだ。

 また、この目標達成に向けた組織運営では▽職員力の向上▽チーム力の発揮▽地域・団体・企業との協働による地域づくり――の3点を柱に地域の総合行政機関として区民の満足度向上などを推進していく。

重点事業は7つ

 区内に多く残る農地や工業団地を中心とした中小製造業の技術力など、区ならではの魅力を生かす重点事業については▽地域の子育て力アップ▽健康づくりのサポート▽シニア世代の活躍応援▽「メイドインつづき」の推進▽全国都市緑化よこはまフェアを契機とした緑化推進▽東京2020オリンピック・パラリンピック開催に向けた機運醸成▽災害にそなえる自助・共助の推進――の7つに対し、積極的に取り組む方針だ。

 また、子育て情報を集約し、ウェブサイトなどで発信する「つづき育ナビ.net」の開発・運用を開始するほか、横浜国際プールがオリンピック英国代表チームの事前キャンプ地となるため、「ホストタウン」として区民参加型の体験講座などの新規事業にも取り組む。
 

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

公明党市会議員団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

http://www.saito-shinji.jp

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

区内2団体が受賞

横浜環境活動賞

区内2団体が受賞 社会

「H&K」と折本小

4月8日号

IC化で利用実態把握へ

横浜市敬老パス

IC化で利用実態把握へ 社会

制度適正化へ一歩

4月8日号

マスコットキャラ作成

区商店街連合会

マスコットキャラ作成 社会

「つづき たい」でまち活性化

4月1日号

市が補助制度拡充

感震ブレーカー

市が補助制度拡充 社会

対象地域、新たに6区

4月1日号

光る防火戸シール制作

都筑火災予防協会

光る防火戸シール制作 社会

暗闇での避難経路確保へ

3月25日号

「防災マンション」を認定

横浜市

「防災マンション」を認定 社会

設備・活動の両面で評価

3月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

  • 2月11日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期〜昭和の北山田から 第63回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

    4月1日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク