都筑区版 掲載号:2018年8月9日号
  • googleplus
  • LINE

荏田南在住内野さん 豪雨被災地で復興支援 「今後も活動したい」

社会

災害ボランティアセンターで受け付けした内野さん(上写真)、真備町内の災害ゴミ=内野さん提供
災害ボランティアセンターで受け付けした内野さん(上写真)、真備町内の災害ゴミ=内野さん提供
 西日本豪雨による甚大な被害が出ている岡山県の被災地で荏田南在住の内野敦さん(51)が7月中旬の2日間、ボランティア活動を行った。被災地の状況や現地での活動などについて話を聞いた。

◇◇◇◇◇

「後悔した」

 荏田南で酒と米うちのを営む内野さんは、1995年の阪神淡路大震災が発生した時、「手伝いたいな、でも遠いな…」と気持ちが揺れていた。「困っている人がいるのに、現地に行けなかったことを後悔した」と当時を振り返る。同時に「次に大災害が発生したら行こう」と決意したという。

 東日本大震災後、女川町(宮城県)でのボランティアに始まり、翌年には竜巻被害にあったつくばでの活動など、これまで過去7年間に海外での作業を含め23回のボランティア活動をしてきた。

「人出が足りない」

 横浜駅出発の深夜バスで15日の午前7時半に倉敷入りした内野さん。その後、倉敷市災害ボランティアセンターに向かい、受け付けを済ませ真備町へ向かった。真備町は地区全体の約3割が浸水したとの報道もあり被害が大きい被災地だ。

 内野さんは約20人のボランティアをまとめるリーダーとして電線よりも高い水が襲った被災地で作業を行った。活動場所は高齢女性の一軒家。2階の窓の約半分まで水がきたそうで、家の中はぐちゃぐちゃの状態だったという。内野さんらは家財道具や畳などを運び出していった。濡れた畳は非常に重く、大人8人で1枚ずつ外に運んだ。

 「一刻も早く床板を片付けてあげないと、水で家が腐ってしまう。現地はとにかく人手が足りない」と内野さん。その日はレンタカーの中で寝泊まりし、夜を過ごした。

 翌日は豪雨時にアルミ工場が爆発した総社市での活動に尽力。「爆風で工場向かいの集落は壊滅的な状態だった。どこもかしこも窓が割れて無い。来て初めて状況が分かった」。この日も被災住宅での床板はがしなど力仕事で汗をかいた内野さん。2日間の活動を終え、センター南駅に着いたのは午後11時を過ぎていた。

 内野さんは「(被災地で)ボランティアをさせていただいているという気持ち。今後も活動したい」と語ってくれた。

線路に流されたタンクローリー
線路に流されたタンクローリー

都筑区版のトップニュース最新6件

悲願の全国 夢の舞台へ

全日本中学陸上競技大会

悲願の全国 夢の舞台へ

8月16日号

競泳で初の世界大会へ

中川西中澤野さん

競泳で初の世界大会へ

8月16日号

過去最多を上回るペース

熱中症救急搬送

過去最多を上回るペース

8月9日号

8月上旬から収穫予定

浜なし浜ぶどう

8月上旬から収穫予定

8月2日号

避難計画 半数が未整備

洪水被害想定施設

避難計画 半数が未整備

8月2日号

5,000m競歩で全国へ

中大横浜高校平岡さん、吉川さん

5,000m競歩で全国へ

7月26日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク