都筑区版 掲載号:2019年5月16日号 エリアトップへ

都筑ヶ丘自治会 2年かけ50周年誌作成 役員6人で70ページ製作

社会

掲載号:2019年5月16日号

  • LINE
  • hatena
桑原会長(左から3番目)、奈良岡副会長(左から2番目)と役員
桑原会長(左から3番目)、奈良岡副会長(左から2番目)と役員

 川和町にある都筑ヶ丘住宅自治会(桑原正盈会長・77)がこのほど、設立50周年記念誌を完成させた。2017年2月に50周年記念式典を行ってから約2年をかけて、桑原会長を中心に自治会役員6人が70ページの冊子に自治会の歴史や思い出を記した。

 約300世帯が加入する都筑ヶ丘自治会は、川和町の中でも青葉区市ケ尾町と隣接し、つづき病院付近に位置する地区。約50年前は山林だった同地区が宅地造成されることをきっかけに、すでに家を建てていた26戸が話し合いの場を設けたのが自治会誕生のきっかけ。設立当時は港北区であり、1969年の分区で緑区に。1994年の都筑区誕生時には、すでに自治会誕生27年を迎えていた。冊子には、まちを住宅街として機能させようと、水道や道路整備などの諸問題に奮闘してきた先代の姿が綴られている。

 これまでも節目のタイミングで製作が検討されてきたが、準備が間に合わず、先延ばしになっていた。桑原会長は「歴史をしっかりと残すためにも、このタイミングで必ず発行しようと思った」と話す。

 2017年の記念式典時に製作が決定すると、2018年12月に「座談会昔をしのぶ会」を実施。12人が参加し、当時の思い出話に花を咲かせた。

 製作を始めると、50年分の資料集めが難航。当時を知る会員の現存者は約3割であることからまちの変遷がわかる人が少なく、カメラも普及していなかったため、データとして参考になるものが少なかった。しかし、会館に保管されていた資料などをかき集め、自治会の歴史や同好会の紹介、会員からの寄稿を掲載することで70ページの大作を完成させた。桑原会長は「住民が団結し、作り上げたまち。記念誌を作ることで再認識できた」と完成品を見つめた。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月23日号

「米国」世界大会で優勝

区内ダンスチーム

「米国」世界大会で優勝 スポーツ

児童9人が躍動

5月23日号

全校で当日注文可能に

ハマ弁

全校で当日注文可能に 教育

今月28日からスタート

5月16日号

変わる“都筑”開発着々

変わる“都筑”開発着々 社会

インフラ整備など進む

5月1日号

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ 社会

全区でネットワーク構築

5月1日号

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進 社会

家庭訪問で虐待防止へ

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月23日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

第30回の記念公演

都筑太鼓

第30回の記念公演

女子プロレスラーも登場

6月15日~6月15日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク