都筑区版 掲載号:2020年3月26日号 エリアトップへ

市歴史博物館 災害時等に備え改修終了 4/1から再始動

文化

掲載号:2020年3月26日号

  • LINE
  • hatena
「ぜひ来てください」と学芸員の橋口さん
「ぜひ来てください」と学芸員の橋口さん

 横浜市歴史博物館は、昨年の8月から行われていた横浜市の公共建築物天井脱落対策の改修工事等が終了し、4月1日にリニューアルオープンする。同館を運営する(公財)横浜市ふるさと歴史財団の三浦万里子課長は「より安全安心になった。これまで来たことのない人にもぜひ来てほしい」と話した。

 オリンピックやパラリンピックも控え、多くの観光客の来館を見込み、より安全で安心な建物にするための”リフレッシュ”を行った。1995年の開館以来初の大型改修となった工事では、博物館正面のコロネード(柱廊)やエントランスホールの天井、雨や日光で老朽化した外壁タイルの落下防止のために改修した。

 同館は、災害時に帰宅困難者の一時滞在施設にもなるため、今回の改修により滞在者の安全を確保するものとなった。

 また、館内の全エレベーターの交換や照明のLED化、トイレの洋式化も行い、より快適な環境にしたという。以前は現金のみだったミュージアムショップやチケットの販売カウンターだが、今回の改修を機にキャッシュレス対応に一新。今後も公衆Wi-Fiの設置や展示解説アプリの導入など時代に合わせたシステムを取り入れていく予定だ。広報担当の久保暢子さんは「展示するラインナップの幅を広げていき、多くの人にぜひ来てほしい」と話す。

ハマの歴史を知る

 リニューアル後初となる企画展は、洲干島遺跡から発掘された出土品を展示する「明治・大正ハマの街-新市庁舎建設地・洲干島遺跡」。これは、横浜市新市庁舎の完成を記念して、横浜都市発展記念館と横浜開港資料館(どちらも中区※現在休館中)と同館で連携して行われる。三館が連携して展示を行うのは今回が初となる。

 同遺跡は、横浜市新市庁舎の建設に先立ち(公財)横浜市ふるさと歴史財団埋蔵文化財センターによる発掘調査が行われた場所。「ものすごい数の出土品があり、およそ100年前の街の様子が見えるようだ」と話すのは同館の学芸員の橋口豊さん。同館の企画展では、発掘調査で見つかった、レンガや土管、トイレなどを展示。近代の横浜の街に取り入れられたインフラ技術を中心に紹介する。「自分の住む街がどんな場所だったのか知ってもらえれば」と橋口さん。

 今後の状況で展覧会・イベント等の予定が変更になる場合があるため、ご来館の前に(問)同館【電話】045・912・7777またはHPで確認を。

都筑区版のトップニュース最新6

住宅地高価格は牛久保東

都筑区公示地価

住宅地高価格は牛久保東 経済

34地点中31カ所で上昇

4月9日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

来春、10〜12%増見込み

4月9日号

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 社会

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

災害時等に備え改修終了

市歴史博物館

災害時等に備え改修終了 文化

4/1から再始動

3月26日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月26日号

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通

横浜市・首都高共同事業

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通 社会

3月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月9日0:00更新

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月9日号

お問い合わせ

外部リンク