旭区版 掲載号:2011年1月27日号
  • googleplus
  • LINE

大災害 恐れない病院に 聖マリアンナ西部病院で大規模訓練

消防隊による放水訓練(上)と、慌ただしい雰囲気に包まれた避難場所の1階ロビー
消防隊による放水訓練(上)と、慌ただしい雰囲気に包まれた避難場所の1階ロビー

 聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院(田口芳雄病院長)で1月22日、旭消防署が協力する年に1度の総合防災訓練が行われた。

 当日は震度6の大地震が発生した想定で訓練を開始。地震被害で地下1階のMRI待合室から出火し、警戒宣言が発令された。患者役を務めた同院職員は、体の自由が利かない状態で他の職員にエアーストレッチャーや車いすで安全な場所へ避難させられた。

 出火から数分後、旭消防署が到着。この日は、消防署員20人、はしご車を含め消防車5台が同院に集まり、来院者らは大規模な訓練の様子をじっくりと見守っていた。

 消防隊は上階に負傷者が取り残された状況を受け、はしご車を出動。出火が建物に回り始めた事態を想定し、放水訓練も行った。同院1階のロビーは避難場所として患者役の職員が運びこまれ、慌ただしい雰囲気になっていた。

 旭消防署によると、区内の他の総合病院でも消防署が協力する訓練はあるが、これほど大規模なものは他に例を見ないという。同署では「地域の医療拠点として職員が日ごろから防災意識を高め、利用者の安全確保ができるように努めてほしい」と呼びかけていた。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク