旭区版 掲載号:2011年2月24日号
  • googleplus
  • LINE

「ひかり小、ありがとう」 閉校前に感謝伝える催し

教育

思い出を話す卒業生
思い出を話す卒業生

 市立ひかりが丘小学校(西野正人校長)で2月19日、「ありがとうの会」と「感謝のつどい」が開催された。これは今年4月に大池小と統合するひかり小の児童や関係者が、閉校前に感謝の気持ちを伝えようと企画したもの。

 児童による「ありがとうの会」では、クイズやスライドショー、ソーラン節などさまざまな企画が披露された。2人の卒業生による思い出話もあり、10年前の卒業生は「母校がなくなるのは寂しいけれど、ここで勉強したこと、卒業したことを誇りに思ってほしい」と児童に伝えた。

 各学年の代表が作文を発表する場面では、「新しい友達ができるのが楽しみ」「ひかり小のみんなと仲良くなれて嬉しかった」「新しい学校でも、たくさん遊びたい」など、同校で過ごした思い出や4月から通学する四季の森小への期待などを、それぞれ伝えていた。

 地域住民や旧職員など同校にゆかりのある約200人が集まった「感謝のつどい」では、初代校長や歴代PTAなどが同校への思いを披露した。

 感謝のつどい実行委員長の山内道子さんは、「35年前学校が出来たとき、胸がわくわくして希望に満ち溢れていたことを今でも覚えている。本当にここが大好きだった。ひかり小があったことを忘れず、時々思い出してほしい」と、涙ながらに話していた。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク