旭区版 掲載号:2011年3月17日号
  • googleplus
  • LINE

15回節目に幕 旭写真展に1200人超来場

 旭区内の写真愛好家たちの交流、技術向上の場として毎年開催されていた「旭写真展」が3月1日から7日にサンハートであり、15回目を最後に幕を閉じた。

 今年は116人から261点の作品が集まり、主催するボランティア団体「旭写真交流会」(海老澤英男会長)会員が選出した1人1点が会場に展示された。

 期間中は7日間で1258人が来場。最終日は審査員の土田ヒロミさん(土門拳賞受賞、ニコンサロン選考委員)からの総評と、受賞作品の表彰式があった。

 最高賞にあたる「旭区長賞」を受賞したのは、佐藤誠一郎さん(77歳)の作品「晴舞台」=写真。一昨年前、旅行で訪れた長野県の座光寺で、満開に咲く舞台桜を収めた1枚だ。作品名は妻がつけたという。

 一昨年前から同展に参加し、今回が3回目だった佐藤さん。受賞は驚きだったという。審査員の土田さんからは「淡い空と桜の色の組み合わせ、角度がすばらしい」と高い評価を得た。

 撮影時は一枝に焦点を絞り、花びらが一気に落下する瞬間に集中。出展時はトリミングにもこだわった。佐藤さんは「これからも目に留まったものを撮り続けたい」と喜びを語っていた。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク