旭区版 掲載号:2011年6月23日号
  • googleplus
  • LINE

清掃で「道路愛」 横浜隼人がサポーター認定

社会

濱区長がジャンパーを贈呈
濱区長がジャンパーを贈呈

 清掃などを通じて道路に愛着を持ってもらおうと、横浜市道路局が2001年に始めた制度「ハマロード・サポーター」。旭区で13番目の認定団体に、瀬谷区の横浜隼人中学・高等学校(鈴木紀代子校長=写真中央)が決まった。

 これまで自治会や公園愛護会、老人会など12団体が認定されており、学校としては旭区初。同校では2000人超の生徒のうち、約7割が希望ヶ丘駅を通学に使用していることなどから加盟に至った。

 6月17日には旭区長室で認定式が行われ、旭土木事務所(片桐晃所長)と同校の間で覚書が交わされた。メンバーの主な任務はごみ収集や雑草取りで、土木事務所からは掃除用具の提供やごみ処分などの協力が得られる。

 鈴木校長は「希望が丘商店会をはじめ、地域にお世話になっている学校として継続していきたい」とコメント。濱陽太郎区長は「道路清掃が地元住民とのコミュニケーションのきっかけにもなる」と期待を込めた。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

3/17家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク