旭区版 掲載号:2012年3月29日号
  • LINE
  • hatena

手作り寄席に50人 希望ヶ丘高で10回目

教育

個性豊かな落語を披露
個性豊かな落語を披露

 総合学習の落語講座を受けた、県立希望ヶ丘高校=南希望が丘=の生徒による寄席「希高座」が3月18日、同校で開催された。

 5年前にスタートした総合学習の一つ「落語でみる江戸の文化」の受講生が、「希高座」と銘打って同学年向けに発表会を開いたのが始まり。地域の人にも公演を見てもらおうと、企画立案から開催まで、年2回のペースで代々続いている。

 今年度の受講生は31人。10回目の今回は、在校生や卒業生、保護者、地域住民ら50人以上が訪れ、生徒たちの自己表現に触れた。ゲストに女流講談師・一龍齋貞寿さんと落語家・三遊亭好の助さんを迎え、会場は盛り上がりを見せていた。

 講座担当の駒村吉則教諭は「集大成としてみんなで一つの寄席をつくることができ、いい経験になったと思う」とコメント。ディレクター、大喜利司会を務めた平松龍輝君(18)は「ステージの袖からみんなの笑顔を見て『いいものができた』と感じた。貴重な経験に感謝したい」と話した。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク