旭区版 掲載号:2012年9月13日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

お部屋がまるごとシェルターになるリフォーム 『安全ボックス』載荷試験30t突破 アップルホームの『耐震用安全ボックス』とは?

壁の中に安全ボックスを施工している。和室へのリフォームも可能
壁の中に安全ボックスを施工している。和室へのリフォームも可能

 シェルターというと、一般には、地下や家の外部に備え付けるものだが、(株)アップルホームの新商品『耐震用安全ボックス』(特許出願中)は、家の中の一部屋に施工する耐震シェルター。7月末に行った同商品の載荷試験の結果、載荷荷重で30tを突破。大型ダンプカー2台分の重さにも耐えられる計算だ(建物2階部分が倒壊した場合の重さがおよそ2tとされている)。施工は、木造建物内の一部屋の中に鉄骨製のボックスを構築、お部屋がまるごとシェルターになる。既存建物を利用するので工期も約1週間と短い。価格は4畳半タイプ98・8万円〜。他に6畳、8畳タイプもあり、耐震フルリフォームを行うより経済的でもある。

1階の耐震補強が最優先

 阪神大震災で2階建て木造住宅は、比較的新しい家でも1階が柱のホゾ抜けなどで潰れることが多かったとの記録が残っており「耐震リフォームは1階の耐震補強が最優先」(日本木造住宅耐震補強事業者協同組合資料より)。1階に安全ボックスを施工すれば心強いはず。お問合せは左記迄。
 

▶鉄骨の骨組みが、壁の中に組み込まれます
▶鉄骨の骨組みが、壁の中に組み込まれます

㈱アップルホーム

横浜市都筑区荏田東4-5-4

TEL:0120-18-5963

http://www.apples-home.co.jp

旭区版のピックアップ(PR)最新6件

年内最後の「スマホデビュー」

地域に根差す総合建設会社

キタザワ建設通信【12】

地域に根差す総合建設会社

12月13日号

鉄則は”3社以上の相見積もり”

申請締め切り迫る

ブロック塀等改善工事補助金 横浜市

申請締め切り迫る

12月13日号

低価格で心込めた葬儀を

家族葬のティアーズメモリー

低価格で心込めた葬儀を

12月13日号

腰痛専門の治療院

潰れている人も、切らなきゃ無理といわれた人も

腰痛専門の治療院

12月13日号

毎月第3木曜は不動産無料相談会

不動産の困った!に専門家が対応(相鉄線・南万騎が原駅徒歩3分)

http://www.kanagawa-takken.or.jp/chiiki/28.html

<PR>

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク