旭区版 掲載号:2014年3月20日号
  • googleplus
  • LINE

里山の暮らし方とは 基調講演に380人

社会

 里山と暮らしについて考えるシンポジウム「懐かしい未来へ」が3月15日、旭公会堂で開催。区内外から約420人が参加した=写真。主催は旭区市民活動支援センター「みなくる」。

 『里山資本主義―日本経済は「安心の原理で動く」』の著者・藻谷浩介氏((株)日本総合研究所主席研究員)が講演。「里山には耕作放棄地、立木、半端物の農産物など、無価値の資源がある。これを資本として活用できれば自給率も上がる」と里山の可能性について話した。また、スイスで建設された木造7階建てビルの事例や、ヨーロッパでは木造建設が増えることで林業が見直されていることなども紹介された。「参加者からは「ためになった」「身近な里山があるので、里山を活用した活動の機会が増えれば」などの声があった。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6件

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク