旭区版 掲載号:2014年8月21日号
  • googleplus
  • LINE

市政レポート せつまが語るNo.‌34 痛ましい被爆の記憶 語り継ぐ

 被爆69年の夏――。

 旭区民の方々と忘れてはならない夏を確認すべく、8月6日、「広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式」に参列しました。4日からの被爆69周年原水爆禁止世界大会開会総会や5日の分科会「福島原発事故と脱原発社会の選択」についても学習しました。

 分科会では、福島第一原発事故の現在の状況や被害の実情、新規制基準、原発停止状況と審査状況など報告・提案を受け、脱原発社会を選択していく上で何が必要なのか等について討論しました。

 式典当日は、まるで人類史上初の原子爆弾によって奪われた命、今もなお原爆被害の後遺症で苦しんでいる方を慰めるようなひんやりとした雨が43年ぶりに降り続いていました。

 松井一實広島市長は平和宣言で「子どもたちから温かい家族の愛情や未来の夢を奪い、人生を大きく歪めた原爆は絶対悪」と指摘。「日本国憲法の崇高な平和主義のもとで、69年間戦争をしなかった事実を重く受け止める必要がある」こと、「名実ともに平和国家の道を歩み続ける」こと、「核兵器の廃絶と世界恒久平和の実現に向け、世界の人々とともに力を尽くす」ことを表明しました。

 私は、日本国憲法の根本規範である平和主義を基調にして、戦争による惨禍がこの世界に繰り返されることがないよう、国際社会の平和と安定に尚一層取り組んでいきたいと思います。また、福島原発事故の被害者の立場に立ち、その救済と福島の再生に努力するとともに、2030年代に原発稼働ゼロを可能とするよう地方議員の一人ではありますが、しっかり取り組んでいく所存です。

 核と人類は共存できない。平和憲法を守る。核も戦争もない世界をみんなで拡げていきましょう。

横浜市会議員 いがらし節馬

横浜市旭区東希望が丘13

TEL:045-362-6557
FAX:045-362-6557

http://www.setsuma.net

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版の意見広告・議会報告最新6件

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク