旭区版 掲載号:2014年10月30日号
  • googleplus
  • LINE

映画の記憶を共有 名画座プロジェクト

文化

左から三宅委員長、沼田さん、児玉さん
左から三宅委員長、沼田さん、児玉さん
 サンハート区民企画「あさひ名画座プロジェクト」として11月9日(日)、映画「12人の優しい日本人」がサンハートホール(二俣川ライフ5階)で上映される。

 同プロジェクトは今年1月に続く第2弾。今回の作品は三谷幸喜が原作・脚本を担当し、1991年に公開された「日本に陪審員制度があったら」という架空の設定によるユーモアあふれる密室劇。委員長の三宅久美子さん、沼田真一さん、児玉寛子さんが区民企画委員となり、進めている。開国博Y150などにも携わり、市民参加型イベント企画などを行う沼田さんは「映画館は特殊な場所で、その場で見た記憶をとどめておくことができる。旭区で映画を観ることで、まちに愛着を持ってもらえれば」と話す。

 前回は「ニュー・シネマ・パラダイス」を上映。会場は満席になり、上映後の交流会では参加者の感想が飛び交ったという。「今後も定期的に開催して、旭区映画祭まで持っていきたい」と3人。

 午後1時半上映(開場30分前)。入場料500円。詳細はサンハート【電話】045・364・3810。

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6件

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク