旭区版 掲載号:2015年6月25日号
  • googleplus
  • LINE

高性能消防ヘリ 政令市初 2機体制に 救助活動に広がり

社会

空港長の菊池さん。奥が2号機
空港長の菊池さん。奥が2号機

 横浜市消防局は6月4日から、消防ヘリコプター2機のうち1機を高性能機体に更新し運用を開始した。2013年に同型機体に更新した1号機と合わせ、最新機体2機体制の運航は政令市で初めて。2機を連携させることで、途切れることのない航空消防活動を目指していく。

 災害発生時の情報収集や捜索、消火や救助活動などを担う消防ヘリ。1号機は昨年度、災害時に30回出動した。市内での火災発生時が最も多いが、県内での山岳や海上の遭難救助にも協力している。

 導入された新型は2基あるエンジンの一つが停止した場合も活動が継続可能。3358馬力とエンジン出力が2倍以上になったことで航続距離も大幅に延びた。同局横浜ヘリポート空港長の菊池清博さんは「条件が揃えば函館から大分間を無給油で飛ぶことができるほど」と話す。また、気象による飛行リスクも改善され、1回の救助可能人数も1人から12人と格段に増加。広範囲かつ効果的に消防活動ができるという。

 運用初日は横浜ヘリポート(金沢区)で2号機を使った救助訓練を実施。地上約21mの高さから隊員が降り、担架で救助者を釣り上げた。菊池さんは「心の引き締まる思い。クルーも迅速的確に動けるよう訓練に励みたい」と話した。
 

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人保土ケ谷法人会

地域の経営者らが集い社会の健全な発展などのためにさまざまな活動を行っています

http://hodogayahojinkai.or.jp/

北沢建設株式会社

8月18日(土)、10:00~16:00 「キタザワ盛夏相談会」

http://www.kitazawakk.co.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6件

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク