旭区版 掲載号:2016年6月23日号 エリアトップへ

海外赤十字指導員と交流 二俣川看護福祉高 JRC部

教育

掲載号:2016年6月23日号

  • LINE
  • hatena
生徒らの活動を見学する指導員ら
生徒らの活動を見学する指導員ら

 シンガポール赤十字社のJRC(青少年赤十字)指導員ら9人と同職員らが6月15日、二俣川看護福祉高校(中尾・江里口浩校長)のJRC部を訪問した。同部は週に2回程度活動。主に、心肺蘇生の練習や、災害時の応急手当などを学んでいる。同部の部員らは、訪問団と三角巾を使用した緊急時の応急手当などを練習しながら、交流を楽しんでいた。

 「最初は、英語が話せないからどうしようかと思った。でも交流してみると意外と通じるんだなと」と笑顔を見せたのは松林果鈴さん(2年)。シンガポールの指導員らは部員の活動を興味深く見学。時折、生徒らに質問を投げかけていた。

 はじめは緊張していた部員たちも、活動の様子を説明するうちに、徐々にシンガポールの指導員らと打ち解けていく様子が見られた。「優しかった。私たちの話す英語をがんばって理解しようとしてくれた」。交流終盤では教室に笑い声が溢れた。同部の活動を見学した訪問団のメンバーからは「非常に興味深かった。早くから専門性の高いことを学んでいることがすごい」といった感想が聞かれた。

集めた寄付金 熊本へ

 同部は、今年4月に発生した熊本地震の被災地を支援するため、4月末から5月中旬にかけて二俣川駅歩道橋などで募金活動を実施。92万1044円の寄付金を集めた。寄付金は全額が日本赤十字社を通じて被災地支援に使われる。部長の青木柚璃さん(3年)は「こんなにたくさんの募金が集まるとは思っていなかった。被災地の支援に貢献できたのでは」と話した。

公明党横浜市議団

いよいよ本日、4月8日から横浜の中学校給食がスタート!

https://www.kiuchi-hidekazu.com/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6

港と客船の調和を

港と客船の調和を 文化

大さん橋で写真展示

4月8日号

太陽光発電設置へ

市内小中65校

太陽光発電設置へ 教育

非常用に蓄電池配備

4月8日号

野菜卸売業者が畑で研修

野菜卸売業者が畑で研修 社会

八ッ橋農園

4月8日号

市場食材使用店を登録

市場食材使用店を登録 社会

市が支援制度開始

4月8日号

藤村氏が出馬表明

横浜市長選

藤村氏が出馬表明 政治

IR誘致の市政批判

4月8日号

知的財産活用し企業支援

横浜銀行

知的財産活用し企業支援 社会

テレ東関連会社と協業で

4月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク