旭区版 掲載号:2017年10月12日号 エリアトップへ

パープルリボン活動 膵臓(すいぞう)がんを学ぶ 県立がんセンターに205人

社会

掲載号:2017年10月12日号

  • LINE
  • hatena
参加者を前に話す大川病院長
参加者を前に話す大川病院長

 神奈川県立がんセンター(中尾・大川伸一病院長)で9月23日、膵臓がん市民公開講座「パープルリボンin横浜2017『膵臓がん治療の最前線』」が行われた。同がんセンター・NPO法人パンキャンジャパン(眞島喜幸理事長)共催。

 膵臓がんは、毎年国内で推計3万人が診断されている病気。多くは余命3カ月から6カ月の宣告を受けているという。パープルリボン活動は膵臓がんの早期発見・早期治療などの普及・啓発を目的に毎年行われているもの。同市民講座も活動の一環として行われ、205人が会場を訪れた。

 講座では眞島理事長がパープルリボン活動について講演したほか、同がんセンターの医師や看護師らが専門的な知識や治療法を紹介。参加者らは熱心に聞き入っていた。大川病院長は「さまざまな職種のスタッフが講演することで、皆さんの疑問や悩みの解決に少しでも役立てれば」と話した。また、妹を膵臓がんで亡くし、自身も膵臓を全摘している眞島理事長は「2020年までに膵臓がん患者の生存率を2倍にしたい」と思いを語った。

旭区版のローカルニュース最新6

提出者数が過去最多

横浜IR意見募集

提出者数が過去最多 社会

市が速報値を発表

5月21日号

50周年記録集を公開

【Web限定記事】旭区役所

50周年記録集を公開 社会

記念事業を振り返る

5月21日号

24日に除菌用希釈水配布

【Web限定記事】左近山

24日に除菌用希釈水配布 社会

無料、容器は要持参

5月21日号

本格運行予定も運休中

【Web限定記事】四季めぐり号

本格運行予定も運休中 社会

5月21日号

医療物資を市に寄贈

【Web限定記事】国際ロータリー第2590地区

医療物資を市に寄贈 社会

新型コロナ対策

5月21日号

食の支援、寄付を募集

【Web限定記事】横浜市社協

食の支援、寄付を募集 社会

6月15日まで

5月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月21日号

お問い合わせ

外部リンク