旭区版 掲載号:2018年1月11日号
  • googleplus
  • LINE

初の地域食堂で交流 川井地区の施設が協力

社会

 川井地区で初の地域食堂が昨年12月13日、川井地域ケアプラザで開かれた。

 地域食堂とは、食事を通して世代を越えて気軽に集える場所を提供するもの。特別養護老人ホームさくら苑(下川井町)で三世代交流イベントを企画しようとしたことが発端となり、昨年4月から検討。同所や会場となったケアプラザに加え、神奈川病院、あさひの丘病院、弥生苑、旭ホームといった同地区にある医療・福祉施設が共催して今回初めて実現した。

 会場では小学生以下100円、大人200円でカレーライス・サラダ・スープ・デザートを提供。世代を問わず約30人が集まり、一緒に食事をとって交流した=写真。「職員の思いを形にするため、皆さんが協力してくれた」とさくら苑の奥野天元(たかゆき)施設長。弥生苑の西山宏二郎理事長は「今後も続けて、地域の方に楽しみにしてもらえるようになれば」と話した。
 

旭区版のローカルニュース最新6件

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

カブトムシ触れ合い体験

カブトムシ触れ合い体験

二俣川ライフで21〜23日

7月21日~7月22日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク