旭区版 掲載号:2018年9月6日号 エリアトップへ

若葉台 みらいづくりプラン推進へ一手 新プロジェクトがスタート

社会

掲載号:2018年9月6日号

  • LINE
  • hatena
入居から約40年が経過する若葉台団地
入居から約40年が経過する若葉台団地

 大規模団地がある若葉台地区で、将来にわたって選ばれ続けるまちを実現するために策定された「横浜若葉台みらいづくりプラン」。昨年3月の策定から約1年半が経過し、プラン推進へ向けて新たな動きが出ている。

 約40年前に入居が始まった同地区では1992年に約2万人だった人口が、約1万4千人(2018年3月末時点)まで減少。少子高齢化が進み若年世代が減少する中、今後は空き家の増加なども懸念される。同プランはこうした課題に対応していくために策定され、今年4月には団地を手掛けた神奈川県住宅供給公社、団地を管理する一般財団法人若葉台まちづくりセンター、横浜市の3者が協定を締結。連携してプランを推進する体制を整えた。若葉台連合自治会の山岸弘樹会長は「まちの将来を考えて皆でまとめたプラン。協力して進め、必要があれば見直していく」と話す。

住み替えを支援

 同プラン推進の一環で若葉台まちづくりセンターでは、新たに「住替え支援促進プロジェクト」をスタート。9月を「住替え支援強化月間」とし、イベントを多数開催する。

 団地内に会場を設け、「幼稚園 先輩ママによる座談会」(9月6日・7日・11日・14日)、相続遺言セミナー(8日・9日)、リフォーム相談会(14日・15日)、「住まいと暮らしの相談会」(22日・23日・24日)を開催。住宅に関する相談や若葉台での生活に関する情報を提供する。

 イベントはすべて入場無料。詳細は若葉台まちづくりセンター【電話】045・921・3361、またはホームページへ。

創業88年、確かな実績

お墓のことは市内最大の墓石展示場のある石半にご相談

http://www.ishi-han.co.jp/

<PR>

旭区版のローカルニュース最新6

子どもに科学の楽しさを

子どもに科学の楽しさを 社会

NPOがスタッフ募集

8月13日号

「学びの保障」に対策

市教委

「学びの保障」に対策 社会

授業・業務補助職員を増

8月13日号

「移動をもっと楽しく」

神奈川県オールトヨタ

「移動をもっと楽しく」 社会

横浜で新たな交通サービス

8月13日号

古関裕而の足跡

朝ドラ『エール』主人公

古関裕而の足跡 社会

大倉精神文化研究所・刑部氏に聞く

8月13日号

マスクの夏、熱中症に「3トル」

マスクの夏、熱中症に「3トル」 社会

専門家に聞く注意点

8月13日号

夏休みに「エコ活」を

小学4、5年生対象

夏休みに「エコ活」を 社会

植樹活動を間接支援

8月13日号

横浜矢指樹木葬墓地

三ツ境駅からバス約5分、下川井インターすぐ。1区画2人用30万円~。

https://uenosekizai.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年8月13日号

お問い合わせ

外部リンク