旭区版 掲載号:2018年9月20日号
  • LINE
  • hatena

富士見丘学園 地理研究部が全国上位 モジュール・一畳部門で各賞

教育

 横浜富士見丘学園中学校・高等学校(中沢)の地理研究部が、8月4日と5日に開催された「全国高等学校鉄道模型コンテスト2018」に参加。モジュール部門で「ベストクリエイティブ賞」、一畳レイアウト部門で「理事長特別賞」を受賞した。

自然体にこだわり

 同大会は、東京ビッグサイト西展示ホールで開催され、全国から約140校が参加。モジュール部門には、中学1・2年生と高校1年生が製作に携わり、「お城のある風景〜秋」という作品を完成させた=写真上。

 中心となった高校1年生の斎藤彩花さんと加藤彩夏さんは「長崎県にある島原城の秋祭りをイメージした」と話す。紅葉した木を200本以上作り、城の石垣や道が自然体になるように工夫したという。「3カ月間、部員たちで頑張った。受賞できてうれしい」と喜んでいた。

本から安土城をイメージ

 一畳レイアウト部門で4位相当にあたる理事長特別賞を受賞したのは、高校3年生の能登杏奈さんと柴崎佳奈さんの2人。”信長ファン”という能登さんの「どうしても安土城を再現したい」という強い希望から、「兵どもが夢のあと〜夏の安土城」を製作した=同下。

 実物は石垣しか残っていないため、「本で読んだイメージから創造した」と能登さんは話す。石垣部分はチップで作り、色を塗るなど独自のこだわりも盛り込んだ自信作となった。受験勉強の合間に集中して作業したという2人は、「ストレス発散ができて楽しかった。最後にこだわりの作品ができた」と笑顔を見せて話していた。

旭区版のローカルニュース最新6件

ハマっこは「上から目線で楽しんで」

映画『翔んで埼玉』公開

ハマっこは「上から目線で楽しんで」

3月14日号

IR誘致「反対」55%

公民連携で有事備え

最新のがん医療学ぶ

横浜旭RC

最新のがん医療学ぶ

3月14日号

全国出場生徒を表彰

万騎が原中

全国出場生徒を表彰

3月14日号

動物の保護協力で感謝状

旭区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

菜の花 満開に

菜の花 満開に

追分市民の森

3月24日~3月24日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年3月14日号

お問い合わせ

外部リンク