旭区版 掲載号:2018年10月4日号 エリアトップへ

定期コラム【4】 施設と家族の関わり (一社)高齢者住宅支援機構代表理事 御幡雅人

掲載号:2018年10月4日号

  • LINE
  • hatena

 二俣川にある「一般社団法人高齢者住宅支援機構」の御幡(おばた)雅人です。今回は入所先の施設と利用者家族との関わりについてお話します。

     ♢

 私たちは普段から多くの介護施設のスタッフと話をする機会があります。その中で施設側からよく聞かれることが、「入所している利用者の家族ともっと話ができたら…」という悩みです。

 食事や薬の管理など一つひとつ利用者に合わせて対応する入所生活の中で、本人の意向に沿わず、施設側が困惑してしまう状況も少なからずあると思います。利用者と施設の意思疎通が取れ、納得した形で話を進められれば良いのですが、認知症状や気分によっては困難なケースも多いです。

 そんな時、施設側は「ご家族に相談したい」と考えます。しかし、家族が面会に来られない、連絡が取れないとなると解決が遅れ、利用者の生活に支障をきたすことも…。

 利用者の性格や考え方というのは、一緒に生活をしてきた身近な家族が最もよく分かっているものです。生活上の不満を施設スタッフにうまく伝えられない時、家族が本人の気持ちを受け止めて、代弁してあげることも必要ではないでしょうか?

 先日、とある介護施設の家族会に出席する機会がありました。その中でお会いした利用者の娘さんは「母親は入所してから足腰の痛みが多くなり、施設から度々呼ばれて迷惑している」と強い口調で不満を訴えていました。おそらく、お母さんは娘さんに会いたいのです。施設には話すことはできない、何かがあるのです。

子ども世代も多忙と思いますが、親御さん、施設スタッフと多くのコミュニケーションを取ってみてはいかがでしょうか?

■(一社)高齢者住宅支援機構/【電話】045・459・5525/旭区二俣川1の9の1・2階
 

9/11家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版のコラム最新6

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る

「カジノなしでも人は来る」

IRと横浜

2月6日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く

制限型対策では不十分

IRと横浜

1月30日号

雇用や税収増に寄与

〈連載【7】〉IR推進会議の美原氏に聞く

雇用や税収増に寄与

IRと横浜

12月12日号

カジノは負の経済効果

〈連載【6】〉鳥畑与一教授に聞く

カジノは負の経済効果

IRと横浜

11月21日号

都心臨海部の起爆剤に

〈連載【5】〉川本守彦副会頭に聞く IRと横浜

都心臨海部の起爆剤に

IRと横浜

11月14日号

一人になっても反対貫く

〈連載【4】〉藤木幸夫氏に聞く

一人になっても反対貫く

IRと横浜

10月31日号

「世界最高水準」を強調

〈連載【3】〉ギャンブル依存症対策

「世界最高水準」を強調

IRと横浜

10月24日号

こぱんはうすさくら横浜瀬谷教室

「一緒に子どもたちのコミュニケーション能力を育てるお手伝いをしませんか」

https://www.puramai.org/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年2月13日号

お問い合わせ

外部リンク