旭区版 掲載号:2019年1月1日号 エリアトップへ

新春レポート 「横浜にカジノはいらない!」 横浜市会議員 大岩まさかず

掲載号:2019年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市はカジノ誘致を「白紙」としています。

 候補予定地の山下埠頭は税金で再整備を進め、外資を含むIR事業者22社には、事前説明会と事業提案募集をしていながら、「白紙」としているのです。議会が要請している、横浜市民へのアンケートは、何故しないのでしょうか?

IR実施法案 国会で成立

 カジノを含めたIR(統合型リゾート)実施法案が、昨年7月、国会で可決し、刑法の賭博罪にあたるカジノが、例外的に最大3カ所まで設置可能となりました。認定申請には、議会での議決と立地市町村の合意が必要になります。しかし、選挙での争点化を避けるため、市は「カジノ誘致は白紙」の立場を取り続けています。いつまで市民不在の政治を続けるのでしょうか?

カジノ合法化の「負の側面」

 カジノ推進派は短期的に計測可能な経済的利益を強調します。しかし、その一方で、負の側面(=社会的コスト)は長期的に顕在化し、計測が困難です。

 税収に期待し、負の側面を背負う事が、本当に正しい選択でしょうか?

ギャンブル依存症の問題

 ギャンブル依存症の疑いがある成人は約320万人(厚生労働省・2017年調査)もいて、成人人口の3・6%にものぼります。ギャンブル依存症は、本人に病気という自覚がない「否認」の病気であり、「隠す」病気だと言われています。借金と尻拭いを繰り返す段階で家族が認識し、さらに追い込まれた段階で、ようやく自助グループなどに参加し、治療を受けるようになります。

まとめ

 開港以来160年の歴史の中で、先人たちが守り・築き上げてきた、横浜のまちの誇り。安心できる健全なまちづくり。目先の利益を追うことによって、守ってきた大切な価値が失われる可能性があるのです。その事を強く認識し、次の世代に「まっとうな社会」を残していく事が我々の責務です。横浜へのカジノ誘致。この問題は、「白紙委任」してはいけない問題です。

大岩 真善和

横浜市旭区中希望が丘104-21 カラサワビル2F

TEL:045-442-8001
FAX:045-442-8002

http://minnano-yokohama.com

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

旭区版の意見広告・議会報告最新6

危険薬物から子どもを守る!

危険薬物から子どもを守る!

横浜市会議員 こがゆ康弘

7月25日号

♯(シャープ)7119の充実へ

救急電話相談 市政報告【1】

♯(シャープ)7119の充実へ

横浜市会議員 木内ひでかず

7月4日号

かかりつけ薬剤師・薬局を

意見広告

かかりつけ薬剤師・薬局を

日本薬剤師連盟副会長 本田 あきこ

6月27日号

政調会長として新事業に挑戦

政調会長として新事業に挑戦

横浜市会議員 大岩まさかず

5月1日号

「令和」という時代を迎えて

市政報告

「令和」という時代を迎えて

横浜市会議員 古川なおき

5月1日号

神奈川の明日に種をまこう!

神奈川の明日に種をまこう!

神奈川県議会議員 須田こうへい

5月1日号

「令和」元年に新たなスタートを!

「令和」元年に新たなスタートを!

横浜市会議員 こがゆ康弘

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 11月8日0:00更新

  • 9月20日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク