旭区版 掲載号:2021年1月1日号 エリアトップへ

(PR)

「本物の家」を造り続け、半世紀 北沢建設株式会社

掲載号:2021年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 木造住宅からマンション、商業施設など、横浜市内を中心に数多くの物件を手掛ける『北沢建設株式会社』(北澤正浩代表取締役)。同社は1971年(昭和46年)に旭区で創業し、50周年の節目を迎えた。

 同社は北澤社長の祖父・北澤国与氏が立ち上げた「北沢建築」が前身。その伝統を引き継ぎ、先々代社長の父・北澤通正氏と先代社長の清水武氏が1971年10月7日、「北沢建設(株)」を創業した。二人の出会いは前職の日本電信電話公社(現NTTグループ)時代。同期で入社したその10年後、家業を継ぐことを考えた通正氏は、すでに転職し建築関連の仕事をしていた清水氏を誘い、『北沢建設(株)』として新たなスタートを切った。同社の礎を築いた二人はすでに亡くなっているが、「地域の人に愛される会社になる」という思いは半世紀を迎えた今も、確実に引き継がれている。

地域活動を大切に

 同社の理念の一つが地域への貢献。こども自然公園で行われている旭区の夏の風物詩「横浜旭ジャズまつり」、動物園が会場となる新春の「ズーラシア駅伝」など、地域イベントへの協賛のほか、福祉施設や地域の自治会が行うイベントへの参加や地域清掃など様々な地域活動に携わっている。また、2009年には横浜市から横浜型地域貢献企業認定制度で最上位認定を受けている。

 北澤社長は「50周年を迎えることができましたことを、皆さまに御礼申し上げます。私は通正の長男として生まれ、会社設立時は3歳でしたが、いつも父が慌ただしく出かける姿や、先代の清水武が製図板に向かって図面を引いている姿が記憶に残っています。50年は一つの到達点ではありますが、先代たちが目指した理想の会社にはまだほど遠いと思います。お客様に求められる本物の家づくりができる会社になるため、また、地域社会に貢献できるように、これからも一層の努力に励んでまいります」と思いを語る。

北澤社長の実家が事務所だったころ(1972年)
北澤社長の実家が事務所だったころ(1972年)
プレハブ事務所。社名の看板は今とは違い赤色(1973年)
プレハブ事務所。社名の看板は今とは違い赤色(1973年)
新社屋が竣工し、従業員や関係者で記念撮影(1980年)
新社屋が竣工し、従業員や関係者で記念撮影(1980年)

北沢建設株式会社

横浜市旭区白根4-30-3

TEL:045-953-2674

https://www.kitazawakk.co.jp/

旭区版のピックアップ(PR)最新6

弁護士らによる無料相談会

3月7日(日)

弁護士らによる無料相談会

先着8組 横浜市緑公会堂

2月25日号

旭区都岡町に新築オープン

3月1日オープン予定

旭区都岡町に新築オープン

介護付きホーム「イリーゼ横浜旭」

2月25日号

精米したての米を自宅へ

精米したての米を自宅へ

外出不要、電話やLINEで注文

2月11日号

シニアに人気の「スマホ教室」

シニアに人気の「スマホ教室」

「メルカリ教室」「プログラミング教室」も好評

2月11日号

テレカの買取強化中

査定・宅配・出張無料の買取店わかば 西友二俣川店3階

テレカの買取強化中

未使用品1枚からOK

2月11日号

引越し不要で自宅を現金化

戸建てもマンションも

引越し不要で自宅を現金化

新サービス「住んだまま買い取り」が好評

2月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 12月12日0:00更新

  • 11月8日0:00更新

旭区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

【Web限定記事】

一人暮らし女性へ「おこめ券」プレゼント

横浜市社協などが生活支援

3月7日~3月7日

旭区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

旭区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク